トーン・ヴェイズ氏の時価総額トップ15銘柄へのコメント

レポート「ビットコインキャッシュの取り出し方&送金方法」を配信。画面付きで丁寧に解説ビットコイン研究所

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説レポート内容へ

idxHzVC6

トーン・ヴェイズ氏が時価総額トップ15のコインについてコメントしている。

Screenshot from 2017-06-08 13-52-54

緑色(Litecoin, Monero)
ホンモノのポテンシャルがあるアルトコイン(フェアなローンチ、実在の開発者など)

黄色(DigiByte, Dogecoin)
バカバカしいアルトコイン(ただしフェアなローンチ)

青(Dash,Steem)
Scamコイン(プレマイン、そのあとPOS)

紫(Stratis)
いったいこいつは何者だ!?

グレー(ripple, NEM)
こいつらはブロックチェーンですらない

赤 (Ethereum/ETC)
未登録・未許可の証券の販売。
ワールドコンピュータという名前のついたピタゴラス・スイッチ。
99%は非中央集権でないスマートコントラクトのための。
(現在は、もっぱらICO Scamのために利用されている)
★さらに、イーサリアムは「イミュータブルですらなく、すべてのカードは体重30kgのロシア人に握られている」という特大ボーナス付きだぜ!

Screenshot from 2017-06-08 13-58-15

強烈な感じですが、海外だとこのくらいの物言いは当たり前なので、紹介してみました。(Scam連発)

ところでツイッターでNEMはブロックチェーンですよね、というツッコミをいただいたので、私の見解をいうと、NEMは確かにブロックチェーンです。となると、プレマインでPOSなので、ヴェイズ氏の分類でいうと青色になる気がします。

Veys氏は意見がはっきりしてますし、筋が通っていて好きですね。私よりはるかに強烈で、Scam連発してますので、興味が有る人はウォッチしてみてはと思います。

ヴェイズ氏は、ビットコインのチャート分析で有名でファンも多い。毎週Youtubeでチャートの実況をしている。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン