POSのコインはどうやっても証券になってしまうという話をします

POSのコインはどうやっても証券になってしまうという話をします。批判クソリプがたくさん飛んできそうですが、以下に話すことは正論です。端折って批判されても困るので、丁寧にロジックが追えるように順番に説明します。

まず、PoSにおけるコインの新規発行の仕組みを理解することから始めます。

PoSでは、コインを持っている割合が大きいほど、新規のコインを手に入れやすいという特徴があります。

もっと単純な言い方をすると、ある時点でのコインの保有者に、その後発行されるコインがすべて割り当てられるということです。 続きを読む POSのコインはどうやっても証券になってしまうという話をします

暗号通貨の普及には「国や銀行のお墨付き」は大切なのか

暗号通貨の普及には国家のお墨付きが大切だというツイートを見かけました。

これに限らず、暗号通貨が普及するためには、

  • 国が発行した公式の暗号通貨のほうがよい
  • 銀行などが発行した暗号通貨のほうがよい
  • 大企業などがリードする暗号通貨のほうがよい

という意見が少なからずみうけられます。というより最近では優勢になってきているようにすら感じます。

おなじ暗号通貨というくくりで話をするのに、前提条件がこれほど違うことに愕然としています。同時に、これらの人との咬み合わない前提のなか、孤立無援で発信している状況に心から疲弊してしまっています。

どうしてこうした意見がでてくるのかの、背景を探ってみるというのがこのエントリの趣旨です。2つの背景があるとおもいます。 続きを読む 暗号通貨の普及には「国や銀行のお墨付き」は大切なのか

ブロックチェーンのレイヤーモデルについて

ブロックチェーンはどのように進化していくのでしょうかか?その指針となるレイヤリングモデルについて、以前より先見の明のある投資家の間で議論されており、私も同様のモデルについて考えをまとめていたのですが、ようやくまとまったものが見えてきましたので、書いておきたいと思います。

インターネットは有名なOSIの7階層モデルがありますし、およそITのアーキテクチャというのは、なんらかの階層モデルで形成されているわけです。ブロックチェーンも同様に階層形式で技術が進展していくのではと考えています。 続きを読む ブロックチェーンのレイヤーモデルについて