タグ別アーカイブ: Segwit

【レポート059】Segwit反対派の論旨を検討する―9つの技術的課題/Segwitはアクティベートできるのか?ベストからワーストまで考えられる6つのシナリオ

ビットコイン研究所サロンでは、レポート059「Segwit反対派の論旨を検討する―9つの技術的課題/Segwitはアクティベートできるのか?ベストからワーストまで考えられる6つのシナリオ」(16ページ)を配信しました。

Screenshot from 2017-02-13 13-33-11

Segwitについては、いまだアクティベートには程遠い状況で、反対派の意見が根強いです。

Segwitは技術的なメリットが大きく、反対する理由などないだろうと思っていましたが、これだけ反対の意見が多いのですから、私達が見逃しているなんらかの重要な理由があるのでは?と考えて調べていたのがこのレポートのきっかけです。 続きを読む 【レポート059】Segwit反対派の論旨を検討する―9つの技術的課題/Segwitはアクティベートできるのか?ベストからワーストまで考えられる6つのシナリオ

Segwitの本番アクティーベーション時期について

昨日Bitcion-core-devメーリングリストに、開発者のSipaよりSegwitの本番稼働についての提案がありました。

これによると、Segwitのメインネットでの稼働についてのコードを含む、core 0.13.1は、近々リリースされ、アクティベーションシグナルの開始日を11/15にセットするという提案がなされました。

続きを読む Segwitの本番アクティーベーション時期について

Bitcoin Core 0.13.0がリリース。目玉の新機能

Bitcoin Core 0.13.0がリリースされました。

100人以上の開発者による5ヶ月の開発を経てリリースされたメジャーバージョンアップで、多くの先進的な機能を取り込んでいます。

こうした機能は、ユーザーには直接関係ないことも多いので、知る人は少ないと思うのですが、よい機会なので新機能を紹介します。基本こちらの記事を参考に、わたしからの解説も加えてあります。 続きを読む Bitcoin Core 0.13.0がリリース。目玉の新機能

【速報】Segregated Witness (Segwit)がマージされる

無題

本日1時20分ごろ、Segrageted witness (通称Segwit)がついにマージされた。

長くにわたっての開発者の地道な努力と開発の成果であり、まずは、敬意と感謝の念を表明しておこう。

これで、スケーラビリティ問題にも進展がみこめそうだ。 続きを読む 【速報】Segregated Witness (Segwit)がマージされる

Segwitで何が変わる?Segwitのユーザーにとっての変更点

Segwitの開発が最終段階に来ている。既にプルリクエストがされて、順調にいけば、今月の中頃にもsegwitがコアにマージされるだろう。

Segwitは、スケーラビリティに対する解で、利用するブロックサイズを最大75%程度まで小さくすることができる。

また、ビットコインの実装上の問題点であった、トランザクション・マリアビリティ(展性)を最終的かつ完全に解決する。これにより、マイクロペイメントプロトコル(ライトニングネットワーク)の開発が進むだろう。

いずれもネットワーク側の変更点なので、一般ユーザーにとっては何の意味があるのか?という疑問もでてくるだろう。そこで、一般ユーザーにとってのSegwitの利点、影響について、簡単にまとめておく。

(1)価格が多分騰がる

Segwitが稼働すれば、ブロックサイズの問題に一定の解決がみられたと市場が認識するはずだ。Segwitがスケーラビリティ問題への最終回答ではないが、大きな前進だ。これにより、価格上昇材料となる。

(2)手数料が安くなる

Segwitを利用すれば、従来の方法よりも、トランザクションのサイズを小さくすることができる(最大75%減)。サイズ=手数料だから、理論的には従来より安く送金出来るようになるはずだ。

(3)アドレスが変わる。

※この仕様は採用されなくなりました。アドレスは変更されません。

これは、あまり知られてないことかもしれない。Segwitを利用する場合、ビットコインアドレスが変わる。

いままでのアドレスは1で始まる通常のアドレスか、3で始まるマルチシグアドレスがおなじみだったと思う。

Segwitでは、p2で始まるものになる。また、segwitのマルチシグでは、7Xhで始まるものになる。

p2xtZoXeX5X8BP8JfFhQK2nD3emtjch7UeFm

こんな感じになる予定だ[1]。

なお、従来の1や3から始まるアドレスもそのまま使える(上位互換性がある)。まだ決定ではないので、アドレスのフォーマットは他の形式になる可能性もあるが、いずれにしても、従来のアドレスとは別のものになる。

(4)ウォレットが変わる

なお、Segwitを利用するためには、ウォレットの対応が必要だ。あなたが利用しているウォレットがSegwitに対応すれば、そのまま使えるようになる。

多くのウォレットがSegwit対応を表明しており、ウォレットへの実装も難しくないとのことで[2]、主要ウォレットでは、Segwit稼働時には機能が使えるようになっているだろう

[1]Segwitのアドレスフォーマット

[2]ビットコイナー反省会3月

Segwit稼働までの道筋まとめーステップ、所要日数やトレードの節目など

Segwitは、開発者のPeter Wuille からプルリクエストがでた。このあと、実際にSwgwitが稼働して、効果がでるまでにはどのような段階があるのか、期間はどのくらいか、トレードをする際の読み方はどこか、簡単にまとめた。 続きを読む Segwit稼働までの道筋まとめーステップ、所要日数やトレードの節目など

ビットコイン・クラシック、ハード・フォーク、Segwitまわりについて。

ビットコイン界隈がまたブロックサイズで議論が紛糾しています。

簡単にどういう状況かを解説します。

マイク・ハーンのビットコイン死亡宣言と同じくして、ビットコインクラシックというものが立ち上がりました。これは、ビットコインのブロックサイズの上限を2Mに増加させるものです。

もう一方は、Segwitという機能です。これはひとことで言うのは難しいのですが、ビットコインのブロックのなかから、通常のひとは使わないデータをカットすることで、ブロックサイズを下げようという考え方です。先日、実装がテストネットで稼働しはじめました。

つまり、ビットコインクラシックか、Segwitか、という感じになっています。

それぞれの内容をもう少し詳しくみてみます。

続きを読む ビットコイン・クラシック、ハード・フォーク、Segwitまわりについて。