カテゴリー別アーカイブ: 解説記事

CosmosとPolkadotの違い

polkadot cosmos-logo-black-1024x192

LCNEMの木村さんの投稿に触発されて私も意見してみます。

https://yu-kimura.jp/2019/04/18/cosmos-polkadot/

基本的なところ

CosmosとPolkadotですが、基本的にやろうとしていることは全く一緒です。

それから、基本のパターンも一緒です

  • 独自ブロックチェーンを簡単に作れる開発ツールキットが提供される(Cosmos-sdk、Substrate)
  • そのツールキットで作ったチェーン(ゾーン、パラチェーン)は、HUBチェーン(Cosmos-HUB、Polkadotリレーチェーン)に接続が簡単にできて、そうすると、相互運用が可能となる
  • HUBが存在して、そのガバナンスとステーキング用のトークンがある(ATOM、DOT)

です。

両者の違い

両者の決定的な違いは2つあります 続きを読む CosmosとPolkadotの違い

その秘密鍵、本当に安全ですか?乱数へのこだわり、プレシジョンダイス

P_20190126_113432_vHDR_On_HP

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要です。

コンピュータの乱数は、擬似乱数といわれて真の乱数ではありません。長い周期をとると繰り返しがみられてしまうほか、初期値(シード)の与え方がわるいと同じような数列が出てしまうことが有ります。コンピュータのランダム関数をそのまま秘密鍵の生成に使うのは暗号の安全性の基準からはよろしくありません。

多くは、コンピュータ内部の情報だけでなく、マウスの動きや、機器の電子ノイズなどの信号を取り入れて、ランダムネスを向上させています。

さて、今回手に入れたのは、プレシジョンダイスといわれるサイコロです。 続きを読む その秘密鍵、本当に安全ですか?乱数へのこだわり、プレシジョンダイス

ハッシュウォーの攻撃手法と、その結果に関する考察(敵対的HFは必ず2つのコインに分岐する)

Screenshot from 2018-11-11 04-38-42

BCHのハッシュウォーの行く末を予想します。

前回検証したように、チェーン自体はHFを起こして2つに割れると思うので、ハッシュウォーというのは、なんらかの手段で相手のチェーンを攻撃するといったことを指すと思われます。

いちばん単純なのは自身のハッシュパワーをつかって、相手チェーンを空のブロックで掘ること。そうすると相手チェーンでは送金が処理されなくなります。これが一番シンプルな妨害策です。

さて、ほかにも攻撃のベクトルが考えられます。

SVはブロックサイズを128MBにあげました。ここにヒントがあるようにおもえます。 続きを読む ハッシュウォーの攻撃手法と、その結果に関する考察(敵対的HFは必ず2つのコインに分岐する)

ビットコインキャッシュのハッシュウォーの結論(分裂が不可避な理由)

ビットコインキャッシュは、BCH-ABCと、BCH-SVの現在2つの相異なる仕様が提案され、このままいくとコインが分裂するのではないかと予想されています。

ビットコインキャッシュでは、ひとつの開発チームが仕様を決めるのは中央集権的だと考えています。そのため、複数の開発チームが独自に(自由)に仕様を提案し、相反する仕様が提出されたら、マイナーがハッシュパワー投票により、1つの仕様を選ぶというガバナンスを憲法としています。

決定権があるのはマイナーで、唯一マイナーのハッシュパワーのみに決定権があります。それがBCH Wayです。

今回がまさにそれにあたり、マイナーはハッシュ投票により支持のチェーンを選び、多くのハッシュパワーを得たチェーンのみが生き残り、他方は消滅する、としています。

リプレイプロテクションをつけないので、ひとつのチェーンだけが残るとしていますが、果たして本当でしょうか?

またDAAがあるので、チェーンの長さに決着がつかず、どちらも同じような長さになるはずだ、という予測もあります。

いったい何が正しいのでしょうか?

私が専門家とともに検証したところ、どうやら、両方のチェーンが生き残り、コインが分裂することが不可避のように思われます。

以下に理由を書きます。 続きを読む ビットコインキャッシュのハッシュウォーの結論(分裂が不可避な理由)

ブロックチェーンのレイヤーモデルについて

ブロックチェーンはどのように進化していくのでしょうかか?その指針となるレイヤリングモデルについて、以前より先見の明のある投資家の間で議論されており、私も同様のモデルについて考えをまとめていたのですが、ようやくまとまったものが見えてきましたので、書いておきたいと思います。

インターネットは有名なOSIの7階層モデルがありますし、およそITのアーキテクチャというのは、なんらかの階層モデルで形成されているわけです。ブロックチェーンも同様に階層形式で技術が進展していくのではと考えています。 続きを読む ブロックチェーンのレイヤーモデルについて