カテゴリー別アーカイブ: 解説記事

Bitmainの声明への疑問について

images

ひきつづき、ASIC BoostとBITMAINの問題について追っていきます。

ASIC Boostですが、Bitmainが声明をだしています。

これによれば、Bitmainは、ASIC Boostのインターフェイスを設けているということを認めており、また、Testnetにおいて、AiscBoostを実験したことがあることを認めました。

その一方で、メインネット、つまり本物のビットコインのほうではAsicBoostを使ったことはないと述べ、G.Maxellを証拠無き言いがかりであると、糾弾しています。

さて、これについては、Jimmy Songより疑念のブログがあがっています。 続きを読む Bitmainの声明への疑問について

レポート065 「ビットコインフルノードを立ち上げよう」

有料版サロンでは、レポート065 「ビットコインフルノードを立ち上げよう」を配信しました。
最近フルノードを自分で立ち上げる人が増えてきました。
今回は、自分でビットコインのフルノードを立ち上げて、ネットワークに参加する方法についてのレポートです。
 

続きを読む レポート065 「ビットコインフルノードを立ち上げよう」

ビットコインハードフォーク論争の近況についてまとめ

Screenshot from 2017-04-02 17-06-02

download

ビットコインのハードフォークの論争がまだ続いてます。私はここのところ毎日徹夜で英語のツイートを追って状況把握に努めていますが、毎日のめまぐるしく状況が変わってきて、複雑怪奇です。

現時点(4/5)での状況をなるべく簡潔にまとめます。 続きを読む ビットコインハードフォーク論争の近況についてまとめ

Twitterの仕様変更がSegwitであるという、非常にわかりやすい説明がありますので、これを紹介します

Screenshot from 2017-04-02 17-06-02

Segwitについては、いったいどういう仕組みでスケールするのか、理解出来てない人も多いと思います。ブロックサイズを2Mにするハードフォークと何が違うのか?

そこで、Twitterの仕様変更がSegwitであるという、非常にわかりやすい説明がありますので、これを紹介します。これなら、イメージを掴んでいただけるものと思います。

ツイッターには140文字の制限があるのはご存知のとおりです。この制限に対して、文字数を取っ払って、無制限に書きこめるほうが便利だという主張がある一方、140文字だからツイッターの価値があるという主張もあり、長年のあいだ議論がされていました。ビットコインのブロックサイズ論争と似てますね。そして、結局のところ140文字から拡張されずに今に至ります。 続きを読む Twitterの仕様変更がSegwitであるという、非常にわかりやすい説明がありますので、これを紹介します

BIP148 ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク(UASF)とは何か?

Segwitのアクティベートへの進展がないなか、Shaolin Fryという匿名のユーザーによって、開発者メーリングリストに投稿されたUASF(ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク)が一定の注目を浴びている。

以下、簡単にUASFとは何かについて解説を行う。 続きを読む BIP148 ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク(UASF)とは何か?

ビットコインのハードフォークへの備え方(ユーザー向けFAQ)

download

Q ハードフォークが行われるとどうなるのですか?

ビットコインのブロックチェーンが互換性のない2つのチェーンに分岐します。なので、フォーク(分岐)といいます。この結果、現在のビットコインといわれるものの他に、ビットコイン・アンリミテッドのコインが生まれます。

Q フォーク時にビットコインを持ってたら、BTC(ビットコイン)とBTU(アンリミテッドコイン)の両方を持ってることになりますか? 続きを読む ビットコインのハードフォークへの備え方(ユーザー向けFAQ)