カテゴリー別アーカイブ: 解説記事

配当型トークンの価値算定の理論と実例

ユーティリティトークンの価値算定につづき、配当型のトークンの価値算定の方法と実例を示します。

配当型のトークンとは、つまり証券そのものになります。証券の価値の算定方法については、ファイナンスの授業をとっていただければわかるように、スタンダードなものが存在します。

つまり、 続きを読む 配当型トークンの価値算定の理論と実例

レポート102 lndスタートマニュアル

今週のレポートは、lndスタートマニュアルをお送りします。

メインネットで利用できる初めてのクライアントであるlnd0.4 betaがリリースされています。このリリース以降、ライトニングのネットワークは成長をつづけ、受け入れ店舗も徐々に増えていっているように思います。

私も、lndをインストールし、ここ1ヶ月ほどテストしていましたが、安定して稼働しているようですので、いちどマニュアルにまとめてみました。

インストールの方法、confファイルの設定、サーバー立ち上げ、入金、チャネル作成、支払い、クローズまで、一通りの手順を丁寧に追っています。これでライトニングノードの立ち上げはできるとおもいます。
是非トライください。 続きを読む レポート102 lndスタートマニュアル

ユーティリティトークンの価格算定の理論と実例

ユーティリティトークンの価格が単純なマネーサプライの式[1]で推計できるという話であるが、理解できないという声が多いので簡単に解説しておく。(括弧内はコインに当てはめた場合)

M = (P×Q)/V

M=Money supplyマネーサプライ (コイン時価総額)
P=Price価格 (提供サービスの価格)
Q=Quantity数量 (サービスの消費量)
V=Velocity回転率 (コインの回転速度、支払いサイクル) 続きを読む ユーティリティトークンの価格算定の理論と実例

新規に自社のコインを発行して、これを債務と交換する(Debt Coin Swap)という手法について紹介する

新規に自社のコインを発行して、これを債務と交換する(Debt coin swap)という手法について紹介する。

取引所などがハッキング被害などを出した場合、手元の現金がなければ、破産に追い込まれる。しかしながら、破産はユーザーにとっても最も避けるべき事態であるため、Debit Coin Swapという手法で会社の存続を検討できる。

これは一昨年、当時最大の取引所であったらBitfinex社がビットコインを盗まれた時に採用された方法で、Bitfinexは事業を継続し、現在ではその債務もすべて返済された。

以下、その説明である。

(コインチェックは保有現金による補償をおこなうと発表したが、本件書き途中だったので、活かしてそのまま公開する) 続きを読む 新規に自社のコインを発行して、これを債務と交換する(Debt Coin Swap)という手法について紹介する

盗まれたNEMを追跡する手法についてーわかりやすく解説

盗まれたXEMを、追跡することができる仕組みというのが注目をあびています。

これについて、理解したところを、やさしく解説します。

新機能をつくったのではなく、すでにある機能を機転をきかせて応用してうまく利用した、という感じですね。

まず、NEMにおいては、イーサリアムのトークンのように、NEMのプラットフォーム上で独自のトークンを作るという機能があります。これをMosaicと呼んでいます。

ユーザーは勝手に好きなトークンを作って流通させることができます。そこで「盗難マーキングトークン」といったようなものを作るわけです。 続きを読む 盗まれたNEMを追跡する手法についてーわかりやすく解説

ビッグブロックは持続可能か?世界の回線状況から考える

Dune di Wan Caza
Dune di Wan Caza

ビッグブロックは持続可能かという問題については、両面の意見があります。

今日見たツイートで問題を端的に指摘しているものがありました。

「世界のインターネット回線の平均は15Mbpsである。ビッグブロックの現状の8Mのブロックですら、世界の殆どの場所で、フルノードを走らせることができなくなる」

というものです。 続きを読む ビッグブロックは持続可能か?世界の回線状況から考える

【注意喚起】ハードウェアウォレットをAmazonで買う危険性

暗号通貨の保有金額が多くなると、ハードウェアウォレットの導入を考える人が多いと思います。

みなさん、ハードウェアウォレットは、どこから買ってますか?

Amazonとかで素性の知れない業者からポチっとしようと考えてませんか?(ebayやメルカリも同様)

それは決してやってはいけないという話をします。

なぜなら、素性の知れない筋から買うと、はじめから悪意のあるソフトウェアに中身が書き換えられていたり、トリックが仕込まれている可能性があるからです。

ハードウェアウォレットは面倒くさいですが、公式サイトから直接注文しましょう。

先日、まんまと全仮想通貨を盗まれたひとが海外掲示板に報告をあげていました。この人は、LedgerをeBayの業者から買いました。そして・・・ 続きを読む 【注意喚起】ハードウェアウォレットをAmazonで買う危険性