カテゴリー別アーカイブ: 研究レポート

【レポート】103 クロスチェーンの本命!COSMOSとは何か?

1_FKRmdpd9BWihYg64TOIojA

ビットコイン研究所有料版では、表題のレポートを配信しました。

COSMOSは、「クロスチェーン」という異なるブロックチェーン同士をつなぐソリューションとして開発され、今年の夏にローンチが期待されています。

ブロックチェーンのインターネットとも呼ばれ、今後注目を浴びてくると考えられる重要な技術です。

またリリースされれば、時価総額上位5位にも食い込んでくると噂されており、ぜひ抑えておきたいコインだとおもいますが、日本語での情報があまりに少なかったといえます。 続きを読む 【レポート】103 クロスチェーンの本命!COSMOSとは何か?

レポート101 ハードウェアウォレットを安全に使うための9箇条ー詐欺、ハック、マルウェアの事例と身を守る具体的な方法について

ハードウェアウォレットを使いさえすれば安心だという、安全神話が揺らいでいます。

ハードウェアウォレットをめぐっては、eBayから購入したひとがコインを取られたり、マルウェアに感染してコインが盗まれたりと、実際のハッキング事例を多く聞くようになりました。さらには最近明るみになったLedgerの脆弱性では、特定の復元フレーズを表示するように予め仕込んだり、Ledgerから秘密鍵やPINそのものを抜き取ることもできるというものまであります。こうなると、何を信じて、どうしていいのか、わからなくなります。 続きを読む レポート101 ハードウェアウォレットを安全に使うための9箇条ー詐欺、ハック、マルウェアの事例と身を守る具体的な方法について

DEXプロジェクト俯瞰ー6プロジェクト比較まとめ、仕組み、トークンの役割、メリット、現状の課題

DEXプロジェクト俯瞰ー6プロジェクト比較まとめ、仕組み、トークンの役割、メリット、現状の課題

みなさんおまたせいたしました。非常に質問が多かった、DEX(分散型取引所)についてのレポートを配信します。
今回は、Ethereum関係の発信で顕著な活躍をされているTheCoffeeTimesさんにご依頼し、DEXの現状について俯瞰する形で分析をいただきました。

6つの代表的なプロジェクトをとりあげ、各プロジェクトについて詳細に解説しているほか、フロントランニングの問題なども触れており、現時点で決定版とも呼べるレポートになっています。

これを配信できたことを嬉しく思います。
ぜひぜひじっくりお読み下さい。

続きを読む DEXプロジェクト俯瞰ー6プロジェクト比較まとめ、仕組み、トークンの役割、メリット、現状の課題

【レポート】099 ビットコインキャッシュ内で賛否両論?OP_GROUPをめぐる議論まとめ

ビットコイン研究所(有料版)では、表題のレポートを配信しました。ビットコインキャッシュ内で議論されている技術的な論点の話です。骨太の内容ですが、この研究所外では読めない話ですので、ぜひ参考にしてみてください。

以下レポートの冒頭部分と、目次になります。本体は21ページあります。 続きを読む 【レポート】099 ビットコインキャッシュ内で賛否両論?OP_GROUPをめぐる議論まとめ

レポート098 復元フレーズ、HDウォレットの仕組み

復元フレーズ、HDウォレットの仕組み

今週のレポートでは、復元フレーズとウォレットの仕組みや関係について解説します。
復元フレーズがいったいどういう仕組みになっているのかについては、過去にも質問を多く頂いていたのですが、回答が複雑になるため後日レポートでということにしておりました。
今回は、そのあたりの復元フレーズにまつわる仕組みや謎について解説、お答えします。

会員のみなさんから寄せられた質問を抜粋します 続きを読む レポート098 復元フレーズ、HDウォレットの仕組み

【使って勉強ビットコイン028】復元フレーズってなに?復元フレーズにまつわる落とし穴5つ

【使って勉強ビットコイン028】復元フレーズってなに?復元フレーズにまつわる落とし穴5つ

初心者向けの有料サロン「使って勉強ビットコイン」では、復元フレーズ(リカバリーフレーズ、リカバリーシード、ニューモニック)について、もういちど勉強しましょうという趣旨で書いています。

昨日ツイッターで簡単なアンケートを取りました。すると、復元フレーズという言葉を知らない人が約28%、復元フレーズのバックアップを取ってないひとが13%合計して40%の人が、復元フレーズとはなんのことやら状態か、放置状態ということがわかりました。

Screenshot from 2018-02-08 13-05-56

これは正直びっくりした数字です。
もしかしたら、復元フレーズとはなにか?というレベルから解説したほうがいいのではないかと思い、今回の徹底解説のレポートを配信する運びとなりました。

復元フレーズとは何か?
復元フレーズのバックアップはなぜ大事か?
復元フレーズにまつわるトラブルや気をつけるべき点とは?

といった観点からレポートします。復元フレーズは知っているよというかたも、トラブルや気をつけるべき点については、ぜひ復習してみてください。

使って勉強ビットコインへの入会は下記よりおねがいします。

DMMサロン「使って勉強ビットコイン」

<レポート概要>

  • 復元フレーズとは何か?
  • 暗号通貨とはそもそも何、復元フレーズとの関係は?
  • 秘密鍵がなぜ大切か?
  • 復元フレーズとは何か?
  • スマホやハードウェアウォレットを無くしても
  • あなたの状況と危機度の診断(YES/NO)
  • 正しい復元フレーズのバックアップ方法
  • 漏洩に不安がある場合は?
  • 復元フレーズにまつわる落とし穴や気をつけるべき点、5つ

Screenshot from 2018-02-08 13-04-40

使って勉強ビットコインへの入会は下記よりおねがいします。

DMMサロン「使って勉強ビットコイン」

アルトコイン・マーケットビュー「GOX事件があったときのトレード戦略」

ビットコイン研究所(有料版)のほうでは、今月も、ヨーロピアンさんのアルトコインマーケットビューを配信します。

今回は、GOX事件があったときのトレード戦略ということで、このような大きく投資家心理が動くときのイベント・ドリブンのトレード手法について振り返りとアドバイスがされています。

「市場参加者が多く出来高も高い、そしてボラティリティがあり、相場が一方的に動くことが多く、おまけにミスプライスまで多発するという垂涎の状況」

で、うまくリスクをヘッジして、利益まで得られるかどうか。

実際に今回のGOX事件の発生前後のイベントを丁寧にひろって、どのような判断ポイントから、どのようにトレードすべきか、ヨーロピアンさんの実際のトレード事例と合わせて非常に参考になります。

NEMの入出金が停止した時点で、経験者ならGOXの予兆を読み取れたと思うのですが、市場参加者は読み違えて短期買いに走ってしまったんですね。面白いですね。

また、今月の草コインのコーナーは、タグづけのコインですか。興味深い。

有料版へのご入会はこちらから
https://lounge.dmm.com/detail/774/