カテゴリー別アーカイブ: 技術記事

ASIC BOOSTの手法と対策について

昨日からASIC BOOSTについての話題でビットコイン界はもちきりである。

ASIC BOOSTは、ビットコインの仕様と、SHA-256関数のアルゴリズムの特徴を上手く使うことにより、計算コストを20−30%節約することができるという手法である。

以下、ASIC BOOSTとその対策について、できるだけ簡単かつ簡便に解説する。

続きを読む ASIC BOOSTの手法と対策について

超小型コンピュータ(ラズベリーパイ等)によるビットコインフルノードの運用

IMG_20170227_160954

しばらく前にセットアップしたビットコインの小型フルノードですが、ようやくちゃんと運用可になりましたので、公開設定にしました。ラズベリーパイなどの小型のワンボードコンピュータでビットコインのフルノードを動かします。 続きを読む 超小型コンピュータ(ラズベリーパイ等)によるビットコインフルノードの運用

ライトニングネットワーク動作実証(その2)中継ノードを介した支払い

ライトニングネットワークの動作実証を行っています。前回は1対1で1ミリサトシを送るという実験をおこないました。

今回は、ライトニングネットワークの所以である、第三者の中継ノードを介した支払いを行い、動作を確認しました。

下記に詳しい手順を書きます。

また今回の実験も、Masterring Bitcionの翻訳者である今井崇也博士の指導のもと、大石、本間氏を加え3人で行いました。 続きを読む ライトニングネットワーク動作実証(その2)中継ノードを介した支払い

ライトニングネットワーク送金の動作実証手順:1ミリサトシを送ってみた

ライトニングネットワークが基本的な動作ができる段階にさしかかっています。今回は、日本のライトニングネットワーク先駆者で、Masterring Bitcionの翻訳者である今井崇也氏のレクチャーのもと、その動作の実証を行ってみました。

今回は、Blockstream社による実装のlightningdを使って、1ミリサトシ(1000分の1サトシ=約0.000001円)の送金を行いました。

手順を一つ一つ解説しましたので、これを追えばみなさんも実証できるとおもいます。
続きを読む ライトニングネットワーク送金の動作実証手順:1ミリサトシを送ってみた

Lightningdのビルド、インストール方法

ライトニングネットワークの実験をおこなっています。

ライトニングネットワークの実装にはいくつかがあります。

主なものに、Blockstreamが開発している、Lightningd

Lightning Labが開発している、lid

などがあります。今回は、bitcoindと一緒に利用できるLightningdをインストールして実験をしています。

Lightningdはソースからビルドする必要があるので方法を書きます。 続きを読む Lightningdのビルド、インストール方法

空のブロック(エンプティ・ブロック)が採掘されるたった一つの理由と、空ブロックが減っている背景

cu_kxggxgaaz-0_-1

Bitfulyが、エンプティ(空の)ブロックについての統計を発表しています。

エンプティ・ブロックとは?

エンプティ・ブロックというのは、文字通り、何の取引も含まないブロックのことです。唯一、自分あてのマイニング報酬の送金取引だけを含みます。

ブロックチェーンをつぶさに観察していると、それなりにエンプティブロックを見かけることがあります。

たとえばこのブロック#434675がそれ。 続きを読む 空のブロック(エンプティ・ブロック)が採掘されるたった一つの理由と、空ブロックが減っている背景