Factom

プレセールで買ったFactomの送金方法

研究所レポート「ラズベリーパイによるビットコインフルノードの立て方」(23ページ)を配信しました。レポートへ

研究所レポート「仮想通貨交換業者に関する内閣府令(案)の公表について」」(24ページ)を配信しました。レポートへ

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

Factom

プレセールで買ったfactomを送金する方法をメモしておきます。実際にpoloniexに送る実験をしましたが、送れました。

なお、コマンドラインでしか動かないし、エラー検知とかに乏しいので、一文字もミスったりすると、トークンがあらぬところに送られて消えたりするかもしれない。操作できるひとだけやってほしい。

このブログの方法を試してミスっても責任はおえない。自己責任にて。最終的には、factom公式ページのドキュメントをちゃんと参照してください。

<インストール>

まずは、factom のソフトウェアをインストールしてください。こちらの記事を参照してください。

<プレセールのウォレットのロード>

factom-cli newaddress fct mywallet "diamond help camera deep asset long cat melt dear above delta strong"

上記のように行う。12ワードはプレセールで取得したものに変えてください。mywalletのところは、自分のウォレットの識別子です。任意の文字列をつけられます。

fct = FAxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

FAから始まるアドレスが生成されたら成功です。

こちらのブロックエクスプローラーをつかって、そのアドレスに実際にfactoid残高をしらべてください。残高があれば成功

http://explorer.factom.org

<トランザクションの作成>

まず、予め送金先のアドレスを取得して下さい。Poronixで、depositのところで、生成できます。

factom-cli newtransaction tx1

トランザクションが作成されます。tx1のところは任意の名前をつけて構いません。

まず、送金先アドレスと数量を指定します。

factom-cli addoutput tx1 "FA287sIkaJ7AGG8skAK81jksjKKjj9IAxmd8d12" 2

FA287sIkaJ7AGG8skAK81jksjKKjj9IAxmd8d12に、2 factomを送ると指定します。

送金元のウォレットと数量を指定します。先ほどロードしたウォレットを指定。

factom-cli addinput tx1 mywallet 2.012

送金手数料0.012を追加した値をいれてください。
なお、送金手数料は0.012で今後も足りるのかはよくわかりません。手数料を計算するコマンドがあるので、詳しい方はそれをつかってください。

factom-cli transactions

作成したトランザクションを確認して下さい。
こんな感じのものが出ます。
アウトプットと、インプットのアドレスと量に間違いがないか確かめましょう。

usefactoids11

<署名と、ブロードキャスト>

トランザクションをつくって、確認したら、署名して、ブロードキャストします。

factom-cli sign tx1
factom-cli submit tx1

あとは、10分待ってください。ビットコインのブロックチェーンでマイニングされれば確定します。

<残高確認方法>

factom-cli balances

これで、随時、残高確認しながら、作業はすすめてください。

usefactoids15

以上です。

<参考>
factom blog: how to use factom

※ for tip 役に立ちましたらおねがいします

Donate with IndieSquare

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。