私がVISAプリペイドカードに注目している理由

レポート「ビットコインキャッシュの取り出し方&送金方法」を配信。画面付きで丁寧に解説ビットコイン研究所

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説レポート内容へ

最近、VISAやマスターといったブランドのプリペイドカードをみかけるようになった。

VISAやマスターといったマークがついているが、クレジットカードではない。事前に入金して使い、SUIKAのような電子マネーのような感じの使い勝手になる。SUIKAと同じく何度でもチャージして繰り返し使える。

たんなる電子マネーと考えると、SUIKAやEdyなどより使い勝手がわるいが、次の特徴があるので、アイデア次第ではビジネスはこちらのほうが広がるはずだ。

・与信審査の必要がないので、誰にでも、その場で、すぐに発行できる

・未成年にも発行できる

・匿名でも発行できる

・引き落とし銀行口座がいらない

・VISA、マスター、JCBといった加盟店でそのまま使える(お店としては、特別な読み取り端末や、追加の契約などが必要ない)

といった大きな特徴がある。また、事前入金であるから、本人以外が使ったところで、入金額以上の金額は使えない。よって、

・ギフトカードのように入金したものを他人にあげる

・子供の小遣いとして渡す

・上限がきまった経費精算用として渡す

・販促キャンペーンなどで使う

といった使い方も考えられる。

さらに、事実上の送金もできる。つまり、カードを使う人と、チャージをするひとが別々になっていて、たとえば、親がチャージして、子供がつかうようなことをすれば、仕送りみたいなのを送ることができる。

これが国際的にできると、面白い。たとえば、海外に留学している子供に送金するにに、国際送金ではなく、子供に渡したVISAプリペイドカードにwebからチャージしてやればよい。

銀行口座が不要で、即時発行もできるため、わたしは、クレジットカードやデビットカードよりも、いろいろな応用が考えられ、現代的な仕組みだと考えている。

販促キャンペーンなどにも応用できる。PONTAカードのキャンペーンでポイントプレゼントをやっている。利用者10000人に1000円をプレゼントするというものだ。こういう処理も、ポイント残高を増やすだけでお金が配れるため、銀行振り込みなどと比べて実にやりやすい。

体験してみたい方には、次の2つをおすすめする。無料で、すぐに手に入る。

無題

写真上が、ココカラクラブカード。VISAプリペイドである。ドラックストアのココカラファインやセイジョーなどで手に入る。

レジの人に、プリペイド会員カードを作りたいというと、その場で無料で発行される。名前と住所を書くだけで良い。

下の、おさいふPONTAカードはもっとすごい。ローソンの店頭に置いてある。

レジのところにぶら下がっているので、勝手に持って帰えればよい。店員の許可を取る必要もない。名前を登録する必要もない。そして、まったくの無料である。これは凄い。

とりあえず、上記の2枚はすぐに手に入るので使ってみて、どういうビジネスなり、未来がこれで作れるのかを、想像してみてほしい。

なお、ココカラファインは、海外でも利用できる。(+4%手数料)。PONTAのほうは国内専用。チャージはそれぞれ、ドラッグストアの店頭またはローソンで。またwebからクレジットカードからもチャージ可能だ。

チャージ限度額は、ココカラクラブカードが5万円、PONTAは10万円。

ecoin

以前にも紹介したが、ビットコインと連動したプリペイドカードも存在(e-coin)する。カードが特定のビットコインアドレスと紐付いており、そのアドレスにビットコインを送ると、自動的にチャージされ、USDに換算されてチャージされるというものだ。

そのアドレス宛てにビットコインを送れば、世界のだれであっても、そのカードにチャージが可能になる。

たとえばこのアドレスを寄付受付先とすれば、世界中からの寄付をビットコインでうけつけ、それがプリペイドカードのかたちで、直接消費できるようになる。銀行口座は不要である。利用シーンの、イマジネーションがひろがる。

Bitnationでは、難民にこのカードを持たせて、ダイレクトなお金のながれの実験も行っている。ビットコインと現実世界をつなぐことで、面白いことがおこっている。

e-coin ビットコインデビットカード

BITNATION

ココカラクラブカード

おさいふPONTAカード

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン