ビットコインの規制論-信頼と規制の重要な関係

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインを解説ビットコイン研究所

レポート「ビットコインの情報源決定版(26ページ)」を配信しました。レポート内容へ

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン

Kojiさんのこのツイートは重要な論点。

そもそも、いままでの金融の仕組みは、だれかに預けたり、カストディでないと、なんもできなかった。なので、必要悪でそうしたカウンターパーティリスクを取る必要があって、そこに対しての信用保証として規制が存在していると理解している。

一方ビットコインのようなノートラストシステムはそれが不要。
いまだ取引所は預かりが必要なので、そこに規制が及ぶのは致し方ないものの、それ以外は、ノートラストなのだから規制は不要。

そして、もともと金融商品なんて自己責任。財務諸表などの開示や、カウンターパーティリスクなどをめぐっての消費者保護はあるが、投資自体はあくまで自己責任。

それを忘れている人が多すぎないか。
規制があったって、自己責任なんよ。
そして、どちらにしても自己責任なんだから、ノートラストシステムに家父長的な保護は不要。

規制の必要のないノートラストシステムにへんな規制が入れたがるが、それはそもそも不要である。ノートラストシステム自体が規制であって、消費者保護の役割をすでに担っている。

逆のことを言えば、権力による規制なくして、規制を実現したのがビットコインのようなノートラストシステムだといえる。

ビットコイン自体に規制が必要ない理由はこれである。

ここめちゃ重要だと感じている。

このあたりをちゃんと整理して議論する必要がある。

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから