AugurのREPトークンの受け取り確認&送金方法

レポート「ビットコインキャッシュの取り出し方&送金方法」を配信。画面付きで丁寧に解説ビットコイン研究所

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説レポート内容へ

AugurのREPがついに配布されました。2015年夏のICOに参加された方、長い間お疲れ様でした。

さて、取引がはじまるとおもいますので、PolonixなどにREPを送る方法を解説します。

一番簡単で確実な、Myetherwalletを使った方法を書きます。

https://www.myetherwallet.com/ にアクセス

URL偽装のScamがありますので、かならずURLは確認してください。Httpsで通信されているかも確認すること。

② SendTokenのタブを押してください。

selection_029

JSON Fileの読み込みを選んで進みます。

③ICOで作成または指定したEthereumのウォレットファイルを読み込んでください。ウォレットファイルですが、UTCから始まる長い文字列のファイルです。

例)UTC–2016-09-16T00-36-57.115Z–3682ae583f8c542ede42a9ca41105e5740b80d55

④パスワードを聞いてきますので、ICOで設定したパスワードを入力して、UNLOCKをおしてください。パスワードが正しければ、次の画面がでます。

⑤REPトークンを残高表示を設定します。

myetherwallet-open-source-javascript-client-side-ether-wallet-google-chrome_026

Customのラジオボタンを押すと、オプションの入力画面が展開されますので、上記のようにいれてください。

ADRESS
0x48c80F1f4D53D5951e5D5438B54Cba84f29F32a5

TOKEN SYMBOL
REP

DICIMAL
18

⑥入れ終わったら、Saveをクリックすると、左側のToken残高のところがLodingし始めて、REPの残高を表示します。

selection_027

これで、残高確認は完了です。

⑦REPを取引所に送る

selection_031

To Addressに取引所の入金アドレスを指定ください。(各自違うので確かめてくださいね)

Amount to sendに送りたいトークンの数量をいれます

トークンの種類でREPのボタンをクリックします。

Gasのところは、デフォルトは21,000になっていると思うのですが、それだと送金に失敗します。多めに入れてください。どのくらい入れればいいのかはなんとも言えないのですが、15万くらいとかいれておけば問題なしです。頻繁に送金する人は除いて大した金額ではないので、多めにつけておいていいと思います。Gasは自動計算されます。その値で問題ありませんでした。だいたい5-6万前後になると思います。

Genarate Transactionを押すと、取引が作成されます。selection_032

エラーがなければ取引の内容の文字列が出ます。

Send Transactionを押せば完了です。

●最後に

Augurは、ICOから一年、辛抱強く待った甲斐がありましたね。おめでとうございます。

私のブログと日本公式サイトを通じて参加していただいた方に感謝いたします。良いICOを手がけられました。

それではまた。

 

 

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン