ビットコインの次の半減期は、意外と間近に迫っている

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説(詳しく)

注意喚起!ハードウェアウォレットをアマゾンで買う危険性(詳しく)

Selection_014

http://bitcoinclock.com/

ビットコインは、徐々に採掘の報酬が減っていくのはご存知の通りだとおもう。

2009年にスタートした時は1ブロックあたり50BTC、そして、2013年に最初の半減があり、現在は25BTCである。

そして、次は、12.5BTCだ。

その半減期だが、すでに迫っている。

2016年の7月25日ごろと予想されているので、10ヶ月後である。

半減期に関しては4年に一度と解説されているサイトもあり、それでいうと、次は2017年のはずだが、実際は前倒しになる。

というのも、時計を使って計測しているわけではないからだ。

ご存知の通り、ビットコインはおよそ10分毎にブロックが生成される。

このブロック番号において、21,000ブロックごとに半減するというのが正確な仕様である。次は42,000番目のブロックがその境目だ。

平均して、1ブロック10分なので、

21,000 x 10分 = 約4年

ということなのであるが、実際のブロック生成の平均時間は、採掘のパワーが上がる状況では、10分より若干少なくなってしまっている。

そのため、4年かからず21,000ブロックが掘られてしまい、前倒しになるというロジックだ。

半減期になると何が起こるのだろうか?

ちょうど今年の8月にライトコインが半減期を迎えた。

その時の価格グラフを引用する。

Selection_015

半減期の2ヶ月ほどにボトムをつけた値段は、1ドルから、8.65ドルまで、実に8倍以上に高騰した。

実際に半減期をむかえた8月の時点では、3ドル程度に落ち着き、現在もその水準で前後している。

ライトコインの場合は、半減期を口実にしたポンジ・スキームでの買いが入ったということもあって、そのまま鵜呑みにはできないが、ひとつの参考にはなるだろう。

ビットコインの場合も、年末にかけて半減期を徐々に折り込みはじめ、来年の6月くらいまで、価格に大きな影響を与えていくとおもう。

今後のトレードなどにあたって、考慮にいれるべき要因だろう。

 

 

仮想通貨で他人と差をつけたいなら?プロ向けレポートのビットコイン研究所へ(詳しく)

Ledger Nano S - The secure hardware wallet