【プレミア記事】続・ハードフォークって何?

研究所レポート「ラズベリーパイによるビットコインフルノードの立て方」(23ページ)を配信しました。レポートへ

研究所レポート「仮想通貨交換業者に関する内閣府令(案)の公表について」」(24ページ)を配信しました。レポートへ

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

さて、前回は、ハードフォークについて基本的なことを理解しました。

ソフトフォークとハードフォークの違い、現実の通貨の比喩をつかってハードフォークのイメージを掴んでもらいました。

そして、ビットコインやモナコインでのハードフォークの話をまとめたつもりです。

今回は、更に突っ込んで、ハードフォークの時に、実際のブロックチェーンではどういうことになるのかを、すこし技術的な視点から検証します。

そして、ハードフォークが最悪の事態になったとき、それぞれのコインの価値はどうなるのか、ウォレットや取引所はどうなるのか?といった基本の質問に答えたいと思います。

<目次>

ブロックチェーンはどうなるのか?

ハードフォーク後のブロックの生成を追う

コインは無効に?有効に?

最悪の事態とは?

ハードフォークとガバナンス

ブロックチェーンはどうなるのか?

さて、ハードフォークが起きると、ブロックチェーン上はどうなるのでしょうか?

(プレミア記事は、ビットコイン&ブロックチェーン研究所にて毎週月曜日に配信しています)

 

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。