【プレミアム記事】ハードフォークって何?何が問題か?

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説(詳しく)

ここのところ「ハードフォーク」という言葉をよく聞くとおもいます。

ビットコインが、ブロックサイズ問題をめぐってハードフォークするといった話がでて、価格急落につながったのは先月の話です。

そして、今月は、国産仮想通貨のモナコインがハードフォークを敢行します。

そこで、

ハードフォークとはいったいなにか?
何が問題になるのか?
安全なハードフォークと、危険なハードフォークとは?
ハードフォークに失敗した場合の最悪の事態とは?

といったことを誰にでもわかるように解説したくおもいます。

ハードフォークとはいったいなにか?

まず、ハードフォークとは何かという基本を抑えましょう。

ビットコインなどの仮想通貨をすこしでも勉強したことがある方は、ブロックチェーンの仕組みについては理解していると思います。

ブロックが一本鎖になって続いている。途中で不正な分岐しようとしても、51%のパワーがなければ出来ない。これが理解されていることだと思います。

しかし、51%のパワーがなくても分岐することあったら・・

続きは、プレミアムのビットコインサロン内で提供します

→ビットコイン・ブロックチェーン研究所

10/25までは無料で、課金されませんので、記事を読みたい方はご登録おねがいします。

<目次>

ハードフォークとはいったいなにか?
ソフトフォークとハードフォークの違い
ハードフォークの何が問題か?
ビットコインでハードフォークがおきるとどうなるか?
ハードフォークは危険か?モナコインの事例

・おしらせ
ビットコイン研究所の有料版サロンでは、平易な言葉で最近の技術や業界事情などについて解説するレポートを毎週配信しています。

暗号通貨について、もっと知りたい、勉強をしたいというかたに情報を提供しています。サロン内では疑問点も質問できます。

一度登録いただけると100本以上の過去レポートが読み放題で、大変お得です。レポート一覧がこちらのページありますので、よろしければいちど目をとおしてみてください。
(詳細情報)

Ledger Nano S - The secure hardware wallet