レポート051【プロなら知っておきたい上級知識】トランザクション展性(マリアビリティ)とはなにか?何故問題か?Segwitでどう解決するのか?

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインを解説ビットコイン研究所

レポート「ビットコインの情報源決定版(26ページ)」を配信しました。レポート内容へ

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン

ビットコイン研究所では、レポート51「トランザクション展性(マリアビリティ)とはなにか?何故問題か?Segwitでどう解決するのか?」を配信しました。

50b00b1691a514ba959252ce5ba0ef34

トランザクション展性とは、Mt.Gox事件を当時体験しているひとだったら、かならずや聞いたことのある言葉とおもいます。

マーク・カルプレス元CEOの「システムに弱いところがあって、ビットコインがなくなってしまいました」という言葉で、「システムの弱いところ」というのが、トランザクション・マリアビリティの欠陥をついたバグということなのです。コインが盗まれた原因だとマーク・カルプレス元CEOが言い訳につかいました。

今回のレポートでは、トランザクション展性について、おそらく過去にかかれたどんなドキュメントよりもわかりやすく、技術的背景のない方でもわかるように解説しています。(同時に、展性を起こすスクリプトなどの詳細も理解できる内容になっています)

この欠陥が、Segwitの導入で、解決されます。この流れ場、プロのビットコイナーを語るなら必ず理解しておきたい流れと、技術知識になろうかと思います。

 

本レポートでは、

・トランザクション・マリアビリティ(展性)とはなにか?

・なぜ問題なのか?どのようにして起こるのか?

・どのような解決策があるのか?Segwitはどのような効果があるのか?

を詳しく追っていきます。18ページのレポートになります。

<目次>

  • トランザクション・ハッシュとは何か?
  • トランザクション・マリアビリティとは何か?
  • トランザクションハッシュ値は変わるのに、マイニングされる?
  • ライトニングネットワークなどへの影響
  • マリアビリティはなぜ起こるか?どうやって起こすことができるか?
  • トランザクションハッシュ生成の仕組と、マリアビリティ攻撃の核心部
  • ビットコインでの実際の事例(スクリプトを追う)
  • マリアビリティの回避方法はあるか?
  • SegwitはInputScriptを切り離す

レポートは、ビットコイン研究所内で配信しておりますので、シナプスサロンからご登録いただき、お読みください。

ビットコイン研究所 -シナプスサロン

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから