【レポート063】検証Bitcoin Unlimited

研究所レポート「ラズベリーパイによるビットコインフルノードの立て方」(23ページ)を配信しました。レポートへ

研究所レポート「仮想通貨交換業者に関する内閣府令(案)の公表について」」(24ページ)を配信しました。レポートへ

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

download
有料版サロンでは、レポート063 検証Bitcoin Unlimitedを配信しました。(13ページ)
 
現在多くのマイナーやビジネスプレイヤーが、Unlimitedが現在のCoreクライアント同様に安全に動き開発も同じようなレベルで行われるということを前提としていますが、その前提は検証して見る必要があります。
 
Unlimitedにはいくつか大きなバグが現在までに見つかっている他、ブロックサイズを拡大するプロトコルであるエマージェント・コンセンサスがフォークを生み出す論理を内在してるほか、ブロックサイズとは別の問題やセキュリティホールを再導入してしまうという指摘もあります。

 
そこで、本レポートでは、Unlimitedの仕組み上の欠陥について、現在指摘されているものをまとめて評価しました。
ビッグブロックが欲しい=Unlimitedということではなく、冷静に検証してほしく思います。
<レポート063 検証Bitcoin  Unlimited 目次>
  • 3つのパラメーターとUnlimitedの特徴
  • 全員がBUに乗り換えなかった場合に起こりうるリスク
    1. クロスインプリメンテーション問題
    2. 1M派の再逆転シナリオリスク
  • 全員がBUに乗り換えた場合にも起こりうるリスク
    1. Excessive Acceptance Depth (AD) にまつわる問題
    2. 4確認以下のブロックが現状よりアン・セキュアに
    3. 影響力あるマイナーのブラフによる問題
    4. すでに採掘者による「口撃」は有効
  • ネットワークが攻撃にさらされた場合のシナリオ
  • BUのコンセンサスが危険な賭けである理由

レポートは、有料のサロン内で配信しています。

一度登録いただけますと、過去のレポート含めてすべてのレポートがお読みいただけますので、非常にお得です。入会及び過去レポートの一覧は、下記リンクより参照くださいませ。

ビットコイン研究所 -シナプスサロン

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。