QQ截图20160808144521-300x180

【レポート062】 Bitcoin Unlimitedとは何か?仕組み(emargent consensus)の解説

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインを解説ビットコイン研究所

レポート「ビットコインの情報源決定版(26ページ)」を配信しました。レポート内容へ

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン

download

今週のレポート062では、ビットコインアンリミテッドの仕組み=プロトコルについて取り上げます。

アンリミテッドは、ブロックサイズの拡大派として捉えられていて、1Mかそれ以上か?という形で単純化されて選択を迫られているように思います。

ですが、実際にアンリミテッドが採用しているのは、もっと複雑なもので、ブロックサイズを単純に増やすものではなく、ブロックサイズの決定を市場に委ねるという「可変ブロックサイズ機構」といわれるもので、Emergent Consensus(エマージェント・コンセンサス)というプロトコルです

あたらしく3つのパラメータ(MG、EB、EA)を導入し、マイナーとユーザーはそれを各自設定することになります。

この仕組みがうまく行くのかどうか?今回と次回のレポートでは、エマージェント・コンセンサスsプロトコルについて、基本の仕組みと、想定される危険性などについて、追ってみたいとおもいます。

詳しくは、ビットコン研究所サロン内レポート配信していますので、ご登録ください。

ビットコイン研究所 -シナプスサロン

【レポート062】 Bitcoin Unlimitedの可変ブロックサイズの仕組み(エマージェント・コンセンサス)とは何か?

  • おさらい:BUとは何か?
  • エマージェント・コンセンサスと3つのパラメータ
    1. パラメータ1 Maximam Generation Size (MG) 採掘ブロックサイズ
    2. パラメータ2 Excessive Blocksize (EB) ノード許容ブロックサイズ
    3. パラメータ3 Excessive Acceptance Depth (EA)  許容確認数
  • 実際はどういう動作になるのか?
    1. ブロックが採掘される
    2. 短期的なフォークが起こる
    3. フォークが収斂する
  • BUプロトコルに対するいくつかの疑問点
  • 発案者によるシミュレーション結果を検証
    75/25ケース
    60/40ケース
    50/50ケース
    80/20、90/10、95/5のケース
  • シミュレーションの評価は?
  • ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークについて

※一度登録いただけますと、過去のレポート含めてすべてのレポートがお読みいただけますので、非常にお得です。レポートの一覧は、下記より参照くださいませ。

ビットコイン研究所 -シナプスサロン

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから