ビットコインはすでにIPOしている

レポート「ビットコインキャッシュの取り出し方&送金方法」を配信。画面付きで丁寧に解説ビットコイン研究所

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説レポート内容へ

ビットコインとブロックチェーンの発展の先にある概念としてもっとも衝撃的なのは、DAO(Distributed Autonomous Organization 分散自律組織)だろう。

野口悠紀雄氏の連載で、ビットコイン自体がひとつのDAOではないかと書かれていたが、私的には灯台もと暗しだった。まさに、ビットコイン自体がひとつのDAOである。

ビットコインという会社みたいなもの。ビットコイン分散型コイン会社。Bitcion, DAO.

この会社(Bitcion, DAO)では、

オペレーション: 自動、自律、分散

経営者、管理者: ない。ビットコインプロトコルという仕様自体が契約であり、管理者である。

従業員: マイナー

ユーザー: ビットコイン保有者

資本金: ビットコイン(BTC)

株式: ビットコイン(BTC)

従業員への報酬: BTCにより支払われる

株主: ビットコイン保有者

株主の報酬: BTCによるキャピタル・ゲイン

とかんがえると、すべてスッキリする。

そして、

株式公開: 不要というか、すでに現実通貨との交換性があり、それをもって株式市場に上場しているといえる。

ビットコインユーザーは、ビットコインを使い、保有し、ビットコインのサービスが増え、みんながこれに参加することで、この企業の経済圏が増え、成長することで、キャピタル・ゲインを得る。

そのビットコインサービスを運営している企業はDAOであり、ユーザーと、採掘者が、ソフトウェアの仕様にそってやりとりすることで、自動的に運営される。マイナーへの報酬はビットコイン自体で支払われる。

これは組織としても究極に新しい。

CEOは不要、CFOも不要。

給与も自動的に支払われ、ファイナンスはBTCの発行によって自動的になされる

ビットコインDAOは、ビットコインの発行と送金をおこなうDAOであり契約だったが、おそらくこういうフォーマットにのっとって、別の事業を目的とするDAOや契約がでてくるだろう。

分散型の組織においては、CEOやオペレーションの代わりはコントラクト(契約)であり、お金は暗号通貨でなされる。

完全に、思考があちらの世界にぶっとんでしまっている発想だと思うが、わたしはこれに未来の組織をみた。DAO企業は、コントラクトによって自律的に動き、暗号通貨によって直接資金を調達する。その暗号通貨は、他のものと交換性を持たせることで、最終的に資金として成り立つ。

恐らく、株式会社型の中央集権の企業と、DAOとの戦いがこんどは始まるだろう。

株式会社、株式、IPOこういうのがオールドパラダイムになる時代が多分、それほど遠くない未来にやってくるだろう。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン