gem

暗号通貨建ての資金調達(ICO)とはなにか?

研究所レポート「ラズベリーパイによるビットコインフルノードの立て方」(23ページ)を配信しました。レポートへ

研究所レポート「仮想通貨交換業者に関する内閣府令(案)の公表について」」(24ページ)を配信しました。レポートへ

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

2

新語が登場した。ICOである。

これは、Initial Coin Offering で、株式でいうIPOに引っ掛けたものである。(Initial Public Offering)

ICOとは、新しく暗号通貨を発行し、それを一般向けに販売することで資金を調達するというものだ。

あれれ?暗号通貨は、発行主体がないんじゃなかったっけ

厳密にいえば、発行体がない通貨型のビットコインやアルトコインに対して、発行体が存在するコインがあって、これ自体、ここ1年で新しくでてきたものだ。

発行体がある暗号通貨を、一般に暗号アセットとか、暗号トークンという。

トークンというのは、そのトークンを支払うことで何らかのサービスを得られるという意味で、通貨型のものとは違う。

(以後区別するために、暗号トークンと書く)

たとえば、分散型のDropBoxであるStorjでは、ビルトイントークンのStorjコインというのがある。これを支払うことで、他人のディスクスペースを借りることができる。

逆に、ディスクスペースを貸すことで、Storjコインがもらえる。

その間に、円やドルを介在させず、そのサービス内で、トークンによる経済圏を作るのである。

いっぱんにこのトークンは、ディスクスペースを貸し出すなどの行為によって、手に入れるが、それとは別に、最初の売り出しを通して、買う事ができる。

運営主体が、開発費を捻出するための資金調達を行うのだ。

この売り出しのことを、ICOと呼ぶ。

いまICO中の案件としては、仮想通貨をビルトインしたメッセンジャーアプリのGEMS(ジェムズ)がある。

ジェムズのコイン(GEMZコイン)は、サービスがリリースされたあとに、新しいひとを招いたり、アクティブに発言することで、新しく生成されたものを受け取ることができるが、ICOの今回に限り、無条件に、購入することもできるのである。

なぜ、ユーザーは、ICOに参加し、これらの暗号トークンを買うのか?

まず、第一に、プロジェクトをバックアップするという意味合いがある。これらのアプリでは、運営者は株式会社ではないのが普通で、アプリも、オープンソースだ。利益を出してIPOでExitするわけではないので、資金調達の手段が限られる。

そのため、サービスがリリースされたときに、そのなかで使えるトークンを事前に買うということでバックアップをする。クラウドファンディングと同様だ。株を買うのではなく、サービス受益権の事前販売という位置づけになる。

第2に、ユーザーは、トークンを持つことでネットワークに積極的に参加し、広めるインセンティブがわく。サービスが広まって、その利用価値があがればあがるほど、自分のもつトークンの価値が上がるからだ。初期にサポートしたユーザーはトークンの利用価値以外に、キャピタル・ゲインを得ることが出来る。

おどろくべきことに、これらのトークンは、市場で売買が可能になっている。もちろん円やドルではなく、ビットコインとの交換レートによる売買であるが。

つまり、公開株式のような形で、これらのトークンも市場で公開されて、日々値がつくのだ。トークンは暗号通貨のテクノロジーをつかっているので、サービスの外部に持ち出せて、手数料はほぼ無料で送金したり交換したり、ためておく事もできる。

この観点からは、トークンが株式のように振る舞うということである。

この外部に持ち出せ、即時に換金性があるというところが、従来の企業ポイントと決定的に異なる点である。

あるアプリをつくりたい人は、そのアプリの設計図やプロトタイプを示し、そのアプリ内で使える暗号トークンをつくり、それをICOする。その資金で、アプリをつくる。そのアプリが有用で、ユーザーが増えた場合、トークンを買ったと開発者にキャピタルゲインがもたらされる。

さて、このような仕組みは成功するのだろうか?

すでに凄い成功例がある。

そう、ビットコインだ。

これは、「お金」をリプレイスするアプリケーションであり、オープンソースで、誰もが参加できる。そのトークンたるビットコイン(BTC)は、価値交換の手段として、非常に高い利便性を我々に提供した。それが広がり、利便性が高まるにつれ、トークン(BTC)は値上がりして、参加者は利益を得る。

これが、暗号トークンによるあたらしいエコノミーのモデルである。

私は、これが、今後20年で、株式市場の一部に匹敵するほど大きくなると見ている。

<GEMZ購入方法> GEMZはクラウドファンディングサイトのKoinifyから購入できます。購入のリンクは2つあります。私に紹介報酬がはいるものと入らないものがあります。明示したしますので、ご選択ください。

(私に紹介のGEMZ報酬が入るリンク)→https://koinify.com/#/project/GEMZ?ref_id=302
(報酬なしのリンク)→https://koinify.com/#/project/GEMZ

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。