Segwit2xのフォークについて

レポート「ビットコインキャッシュの取り出し方&送金方法」を配信。画面付きで丁寧に解説ビットコイン研究所

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説レポート内容へ

Segwit2xのフォークが迫っている。これについて、私の個人的な意見を述べる。

11月16日頃に予定されているSegiwit2Xのフォークであるが、新しいコインがもらえて資産が増える、と思っている人も多いようだ。
このフォークは、Bitcoin GoldやBitcoin Cashの時と違い、新しいコインが追加されるプラスサムゲームではなく、オリジナルビットコインと2Xコインがお互いの存続を賭けて行われる戦争であり、ゼロサムゲームだ。極端なシナリオでは、どちらかのコインの価値がゼロになる可能性もある。

(以下オリジナルチェーンを1xチェーン、Segwit2xチェーンを2xチェーンと呼ぶ)

Segwit2Xは、もともとは、ニューヨーク合意というビックブロック派とスモールブロック派の政治的妥協案として提案された[1]。スモールブロック派が押すSegwitをアクティベートさせるかわりに、ブロックサイズを2Mに増やすハードフォークを行うというものだ。

2Xが、Gold や Cashのフォークと違うのは、2Xこそが正当なビットコインであり、オリジナルのビットコインのアップデートであると主張している点だ。
つまり、1xチェーンは誰もつかわなくなり、2xチェーンに全員が移るということを意図している。

このようなアップデートは、全員一致であれば特に問題はない。たとえば、直近、イーサリアムは、ビザンチウムというハードフォークを行った。これがまさにアップデートで、古いチェーンは破棄され、誰もつかわなくなり、全員が新しいビザンチウムチェーンに移った。

Segwit2Xは、全員一致でない状況でアップデートを強行しようとしている。マイナーの80%の賛成と、いくつかの大きなビジネスプレイヤーの賛成を得たが、現状のソフトウェアの開発者である「コア開発」は不賛成を示しているし、マイナーの20%は賛成を示していない。コイン保持者(ユーザー)や、取引所の賛否もバラバラだ。

こうしたなか、「アップデート」を強行することは戦争になる。

2Xが意図を完遂するならば、1xチェーンは放棄され、消滅することになる。支持者が存在する1xチェーンを、政治的多数決で消滅させようとすることは、1x側からみれば攻撃と映るのは否めない。

2Xは、リプレイプロテクションをあえて実装していない。リプレイプロテクションとは、2つのコインを分離して別々のものとして扱えるようにする工夫だが、これを実装すると、現在のビットコインウォレットでは2Xコインが使えず、新しく2X対応ウォレットが必要に成る。一方、リプレイプロテクションを導入しなければ、2xチェーンの(ハッシュパワーが大きくなった場合は)現在のウォレットのコインが2Xに自動的に入れ替わることになる。

また、1x、2xともにハッシュパワーが急激に低下した場合の緊急難易度調整機能を持っていない[1]。ハッシュパワーが低下した場合、単純にブロック生成が遅れることになる。例えばパワーが10%のチェーンは、ブロック生成時間は10倍、つまり100分になる。難易度調整までのインターバルは2週間ではなく20週間になる。それだけの間、機能しないチェーンを掘り続けるマイナーは現れないだろう。

リプレイプロテクションがなく、緊急難易度調整機構がない、この2つが、どちらかのチェーンだけが勝つという結果になる可能性が強いと考えられる理由である。

多くの主要な取引所は、ユーザーの権利を尊重し、リプレイプロテクションがないなかでも、1xコイン、2xコインの両方を取引所で上場し、別々に売買ができるように工夫するとみられている。

このため、2xコインがタダで貰えると考えているユーザーもいるようだが、繰り返すようにこれはゼロサムゲームである。

(万が一にもないと私は考えているが)、仮に2xが勝利を収めた場合、アップデートに成功ということになろうが、2つのコインに取引所で別々の価格がついているのだから、その過程は血みどろになるであろう。

つまり、現在85万円を超えている1xコインの価値がゼロになり、新しく2xコインに価値がつくということになる(いくらになるかわらないが、自動的に85万円を引き継ぐわけではない)(同様に、1xチェーンが勝てば、2xチェーンは急速に価値を失う)

このようなことが起これば、ビットコインという資産に対する市場の信任は完全に無くなることになり、資金が一気に市場から抜けることになるだろう。現在10兆円以上ある1xチェーンの価値がゼロになるようなことが仮にでもおこれば、訴訟が連発し、取引所は顧客を失い、人々は暗号通貨市場を見切るだろう。

アルトコイン支持者の中には、ビットコインが混乱で消滅すれば、支持するコインの天下がやってくると考えている人もいるようだが、そうはならない。10兆円の主要通貨が短期間に人為的に消えれば、この市場は、アルトコインもすべて引き連れて、すべて死ぬだろう。

ビットコインが潰れれば、アルトコインに漁夫の利が来るという考えは浅はかで、反市場的だと言わざる得ない。

Segwit2xは、ビットコインをより良くしようと考える案であったはずだ。もし、その案が市場の崩壊の引き金になるかもしれないというのであれば、この合意は目的を失っているとしか思えない。

Segwit2xを遂行しようとしているマイナー及び、支持者には、もういちど再考を願いたい。F2poolは再考の後、取り下げた。

ユーザーやコイン保有者も、自らの資産が危険にさらされることのないよう、声をあげよう。

私の予想では、マイナーが経済的に合理的あれば、決してSegwit2xのフォークを行わないと考えている。マイナーは、価値の低い2xコインを採掘せず、1xコインを採掘し続けるだろう[3]。その結果、11/16日には、実際は何もおこらないだろう。
ビットコインは、関係者が経済合理性にしたがって動くことでコンセンサスが得られる仕組みになっている。

みなが経済合理的に振る舞うことを望む。

(お知らせ)

Segwit2xについては、ビットコイン研究所(有料版)にて、今週からフォーク後までのあいだ、徹底フォローを行います。ユーザーサポート板の設置ほか、サバイバルマニュアル、多角的な意見などを提供します。今回のフォークで間違った対応をしたくない方はご入会を検討ください

シナプスサロンービットコイン研究所(有料版)

—–注記

[1]なお、ニューヨーク合意といっても反対派を含めて協議して決めたのではなく、Segwit2X案に賛成するひとがあつまって協定を作った。したがって、コミュニティ全体の合意ではない。

[2]ビットコインキャッシュはハッシュパワーが少ない状態でフォークすると想定されていたため、緊急難易度調整機構を組み込んでいた。また、2 way リプレイプロテクションという強力なリプレイ保護機構を導入したたため、混乱なくフォークがおこなわれた。Bitcoin Goldも同様に 2wayリプレイプロテクションが実装されている。

[3]現在ビットコイン2xの先物は800ドル前後であり、もしマイナーが7000ドルの1xでなく800ドルの2Xを採掘するならば、差し引き6200ドルの機会損失を被ることになる。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン