【レポート080】秘密鍵(復元フレーズ)の安全な持ち運び方法

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説(詳しく)

ビットコイン研究所有料版では、表題のレポートを配信しました。

先日質問コーナーで、「ビットコイナーが引っ越しするとき(文字通りの物理的な引っ越し)に、安全にコインを持ち運ぶ方法は無いか?」
という質問をうけました。

たしかに、単純に考えると、いろいろなリスクがあります。

  • ウォレットを落としてしまう
  • 盗まれてしまう
  • どこかで情報を抜き取られてしまう
  • 職務質問とかに運悪く会おうものなら、荷物が警察に→よくわからないので捨てられてしまう
  • 空港のセキュリティや税関で取り上げられてしまうかも・・。

と、疑心暗鬼になると、心配になるばかりです。
特に、海外などへ持ち運ぶ場合は、セキュリティや税関は難問です。

どうやって、安全に持ち運ぶのか?
これについては、いくつかノウハウが提示できますので、今回のレポートではそれをまとめたいと思います。海外に持ち運ぶ場合などに関しても、物理的に持ち運ぶのではなく、情報だけを安全に通信するという手順も書きましたので、ぜひ参考にしてください。

<080秘密鍵(復元フレーズ)の安全な持ち運び方法(17ページ)目次>

  • 復元フレーズのメモについて、利用するインク、紙など
    消えやすいインク、消えにくいインク
  • クリプトスティールのススメ
  • 秘密鍵を運ぶ際に起こる3つのリスク
  • 安全な秘密鍵の運び方その1(秘密鍵を運ばない方法)
  • 安全な秘密鍵の運び方その2(秘密鍵そのものを運ぶ方法)
  • 安全な秘密鍵の運び方その3(秘密鍵を暗号化して伝える方法)
    単語を無作為に並び替える
    独立通信経路を2つ使う
    ダミーの単語を混ぜる
    暗号化チャットについて
  • 方法2の改善策(並び替えた秘密鍵を運ぶ)

レポートの購読は、下記のシナプスサロンよりお申し込みください

https://synapse.am/contents/monthly/bitcoin

・おしらせ
ビットコイン研究所の有料版サロンでは、平易な言葉で最近の技術や業界事情などについて解説するレポートを毎週配信しています。

暗号通貨について、もっと知りたい、勉強をしたいというかたに情報を提供しています。サロン内では疑問点も質問できます。

一度登録いただけると100本以上の過去レポートが読み放題で、大変お得です。レポート一覧がこちらのページありますので、よろしければいちど目をとおしてみてください。
(詳細情報)

Ledger Nano S - The secure hardware wallet