日本でビットコインが離陸するには?

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインを解説ビットコイン研究所

レポート「ビットコインの情報源決定版(26ページ)」を配信しました。レポート内容へ

日本でビットコインが離陸するきっかけはなんだろうか?

堀江さんのこのツイートには賛同する。私も同じ考えだ。

日本のビットコイナーは儲かっていない。多くの人がマウントゴックス事前前後に購入し始めているので、ほとんどが含み損を抱えた状態だ。ビットコインは一方的に下がっている。底値の200ドル付近からは50ドルほど反発しているもの、だれも利益が出ていないだろう。

この状態で、ビットコインを使おうにも、使ったら損が確定する状況で誰も使おうとしないだろう。

一方外国ではビットコインミリオネアがいる。ビットコインが1ドル程度の時に買った人もたくさん知っているし、1日に家庭で1ビットコインが採掘できた時代に採掘していた中国人もいる。

それらの人の含み益はもはや何億円にもなっており、彼らが、ビットコインを使って買い物ができるところを広げようと考えるのは合理的だ。

最近の価格下落も、もともと1ドルで買った人にとっては、誤差の範囲で、依然としてビットコインを使う意欲があるだろう。

つまり、すでにビットコインは、一周しているのだ。ミリオネアが生まれて、それが、エンジェルとなって、現在のスタートアップに投資している。

ビットコインジーザスのロジャー・ヴィア、OKコインや、ライトコインの創業者、Bitstampの創業者。すでに一周しているのだ。

ワンサイクル終えているのである。

日本は、この流れに乗れていない。だれも含み益、キャピタル・ゲインを持っていないからだ。まだ、サイクルが1週どころか、始まっていない。

日本では、ビットコインよりripple界隈のほうがもりあがっているのは、その事情もある。ビットコインには乗り遅れたが、rippleはまだ吹き上がる前に日本の人が買うことが出来た。

0.5円以下で仕込み、10倍近いキャピタルゲインを得た人も多くいるようだ。だから、日本人はrippleのほうに熱中している。単純な話である。

日本でビットコインが離陸するには、日本でビットコイン長者が生まれるかどうかにかかっている。

おそらく、最近ビットコインを購入した人は300ドル付近でかっているひとが多いから、これが、600-700ドルくらいになれば、Mt.GOX直後に参入した人もふくめて含み益がもたらされるだろう。

堀江さんはモナーコインを押しているが、それは一理ある。

ビットコインがたどった歴史を、日本人が遅れながら体験することで、モナー界隈に産業がうまれるかもしれない。

ビットコインはもはや「買う」しかないが、モナー界隈ならば、ゼロから冨を生み出せるかもしれない。これはベンチャー精神にとって極めて大事だ。

私はアルトコインは全部生き残らないと思っているので、モナーも長期的にはなくなるだろう。ただ、2-3年おくれのエコシステムとしては、今後成長し、ライトコインのような経過をたどるとしたら、まだモナーは吹き上がる前だ。

そして、モナー長者ができたりすれば、状況は変わるとおもう。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン