【レポート】088 アトミックスワップの技術とその未来(19ページ)

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説(詳しく)

ビットコイン研究所(有料版)では下記のレポートを配信しました。

アトミックスワップの技術とその未来(19ページ)

先日、史上初のライトコインとビットコインのアトミックスワップが成功したというニュースが入ってきました。続いて、Decrerdとビットコインのアトミックスワップにも成功というニュースが続き、一時期界隈は湧きました。

私もとても喜ばしく思ったのを覚えているのですが、アトミックスワップというのはまだあまりに技術的な用語すぎて、なにが画期的なのか理解できないひとも多いと思います。

アトミックスワップができるようになると、分散型取引所や、コインの乗り換えや、ブロックチェーン間の相互運用といった、とてもワクワクする未来の実現が待っていると考えられています。

本レポートでは、まず、アトミックスワップとは何か?どういう問題を解決するのか、という概念をを説明します。次に、アトミックスワップの仕組みについて、技術がわからない人にもわかる説明を試みます。次に、実際のビットコインのスクリプトでどのように実装するのか、技術的な興味を持っているかたのために突っ込んだ説明をします。
最後に、アトミックスワップが実現していく4つの未来の姿について語ります。この技術が今後どのようなインパクトをもたらすのかを俯瞰して予言します。

このレポートを読んでいただくと、アトミックスワップについて現在知っておくべき知識のすべてがキャッチアップできると思います。

ぜひお読みください。
088 アトミックスワップの技術とその未来(19ページ)
<目次>
アトミックスワップとは何か?
アトミックスワップの条件
アトミックスワップの手順
技術的な説明
もうすこし、細かくスクリプトを見てみよう
LTCBTCで行われたアトミックスワップのトランザクションをブロックチェーンから解剖
どのようなコインがアトミックスワップで交換できるのか?
アトミックスワップが拓く4つの未来
相対取引の進展
分散型取引所の実現
クロスチェーンのコイン相互運用
インターネット・オブ・ブロックチェーン
最後に

ビットコイン研究所(有料版)への参加は下記よりおねがいします

ビットコイン研究所ーシナプスサロン

・おしらせ
ビットコイン研究所の有料版サロンでは、平易な言葉で最近の技術や業界事情などについて解説するレポートを毎週配信しています。

暗号通貨について、もっと知りたい、勉強をしたいというかたに情報を提供しています。サロン内では疑問点も質問できます。

一度登録いただけると100本以上の過去レポートが読み放題で、大変お得です。レポート一覧がこちらのページありますので、よろしければいちど目をとおしてみてください。
(詳細情報)

Ledger Nano S - The secure hardware wallet