Lightningdのビルド、インストール方法

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインを解説ビットコイン研究所

レポート「ビットコインの情報源決定版(26ページ)」を配信しました。レポート内容へ

ライトニングネットワークの実験をおこなっています。

ライトニングネットワークの実装にはいくつかがあります。

主なものに、Blockstreamが開発している、Lightningd

Lightning Labが開発している、lid

などがあります。今回は、bitcoindと一緒に利用できるLightningdをインストールして実験をしています。

Lightningdはソースからビルドする必要があるので方法を書きます。

Ubuntu 16.04

まず、Bitcoindが必要なので、これをインストールしてください。

Lightningdを構築します。まずは、環境をアップデートして、必用なライブラリをインストールします。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install autoconf libtool libprotobuf-c-dev libsodium-dev libbase58-dev libsqlite3-dev libgmp-dev libsqlite3-dev asciidoc

Gitからソースをクローンします。

$ git clone https://github.com/ElementsProject/lightning.git
$ cd lightning$ git submodule init
$ git submodule update
ビルドします。
$ make

コマンドの場所は下記のとおりです。

$ ./lightning/daemon/lightningd 
$ ./lightning/daemon/lightning-cli

めんどうな方向けに、Ubuntu 16.04でビルドしたバイナリをこちらにおいておきます。

Ubuntu 15以下

protobuf-c コンパイラが必要ですので、下記をインストールしてから、上記の手順でビルドします。

sudo apt-get install libprotoc-dev
git clone https://github.com/protobuf-c/protobuf-c.git
cd protobuf-c
./autogen.sh
./configure
make
make install

<他のOS>

必用なライブラリが不足していることが多いので、下記のライブラリを必用に応じてインストールしてください。

私は、Orange Pi (ラズベリーパイ的なミニコンピュータ)で、構築してみましたが、ライブラリをソースから取得し手動でビルド&インストールする必要がありました。

  • libprotoc: the Google protocol buffer v2 library, 2.6.0 or above.
  • protobuf-c: version 1.1.0 or above.
  • libsqlite3: for database support.
  • libgmp: for secp256k1
  • asciidoc: for formatting the man page (if you change them)

<ARM向けバイナリ>

私のように、ARMベースのミニコンピュータで動かしてみたいかた向けに、私のビルドしたバイナリを提供しておきます

Orange Pi + Armbianで動作していますが、ラズパイほか、ARMのマシンでしたら動くとおもいます。

 

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン