OISHITETSUYUKI のすべての投稿

ビットコインの技術上の欠陥について

昨日たまたま下記のようなツイートを見た。このツイートは、ビットコインに対する代表的な批判をコンパクトにまとめていると思ってリツイートした。

Selection_071

今回は、このような批判に対しての考えと、現状を書こうと思う。(なお、上記のツイートは、代表的な批判の論点を出してくれているという意味で引用したのであって、この方に対する攻撃ではなく他意はないので誤解しないでほしい)

眠っている100万BTC

これは、サトシの保有コインのことだと思われる。サトシは約100BTCを初期に採掘したまま保有している。そのコインは2010年以降動かされた形跡もなく眠っている。 続きを読む ビットコインの技術上の欠陥について

Antbleed – BITMAINのマイニングハードウェアにバックドアが見つかる

Selection_070

BITMAIN社のANTマイニングハードウェアにバックドアがあることが指摘された。

このバックドアを利用すると、BITMAIN社が任意のANTマイニングマシンをリモートで停止させることができる。50%に及ぶハッシュパワーが一瞬で停止する自体も想定出来るとしている。 続きを読む Antbleed – BITMAINのマイニングハードウェアにバックドアが見つかる

レポート067「フルノードとウォレットの組み合わせで完全にプライバシーを保つ方法(実践編)」

【067】 フルノードとウォレットの組み合わせで完全にプライバシーを保つ方法(実践編)

今週のレポートでは、ウォレットのプライバシーに焦点をあてました。個人用フルノードとウォレットにより、完全にプライバシーを保つという、先進的な運用について解説します。

続きを読む レポート067「フルノードとウォレットの組み合わせで完全にプライバシーを保つ方法(実践編)」

レポート066 今こそ立ち上がろう!UASF実践マニュアル&情報源

有料版のサロン「ビットコイン研究所」では、表題のレポートを配信しました。関心のおありのかたは、ぜひ有料版にご登録いただき、お読みください。

今回は、みなさん一般ユーザーがUASFに協力するための具体的な方法と、UASFの状況を追っていくためのための情報源についてレポートします。

レポートの前半では、UASFとは何か?BIP-148の仕様と、メリット・デメリットや、現状の状況などについて解説し、またUASFを追っていくために便利なサイトをいくつか紹介します。

レポート後半では、実際にUASFをサポートすることを表明する方法、UASFのノードと立ち上げ方などについて具体的なやり方を解説します。

今こそ立ち上がろう!UASF実践マニュアル&情報源(20ページ)

<レポート内容>

・マイナーアクティベイトソフトフォーク(MASF)とは?
・ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク(UASF)とは?
・少林氏による批判とBIP148
・UASFのメリットとリスク
・UASFの情報源
・UASFの状況について
・ASIC BoostとUASFの関係
・UASFに参加するには?
・uacommentによるUASFへの支持表明を行う
・uacommnetでの支持表明での注意点
・BIP-148のパッチを当てる
・UASF対応したら、Bitnodeに登録しよう
・最後に

レポートはサロン内で配信しています。一度登録いただけますと、過去のレポート含めてすべてのレポートがお読みいただけますのでお得です。入会及び過去レポートの一覧は、下記リンクより参照くださいませ。

ビットコイン研究所 -シナプスサロン

Bitmainの声明への疑問について

images

ひきつづき、ASIC BoostとBITMAINの問題について追っていきます。

ASIC Boostですが、Bitmainが声明をだしています。

これによれば、Bitmainは、ASIC Boostのインターフェイスを設けているということを認めており、また、Testnetにおいて、AiscBoostを実験したことがあることを認めました。

その一方で、メインネット、つまり本物のビットコインのほうではAsicBoostを使ったことはないと述べ、G.Maxellを証拠無き言いがかりであると、糾弾しています。

さて、これについては、Jimmy Songより疑念のブログがあがっています。 続きを読む Bitmainの声明への疑問について

ASIC BOOSTの手法と対策について

昨日からASIC BOOSTについての話題でビットコイン界はもちきりである。

ASIC BOOSTは、ビットコインの仕様と、SHA-256関数のアルゴリズムの特徴を上手く使うことにより、計算コストを20−30%節約することができるという手法である。

以下、ASIC BOOSTとその対策について、できるだけ簡単かつ簡便に解説する。

続きを読む ASIC BOOSTの手法と対策について