Crypto Steel 火事にも耐える究極のコールドウォレットが販売開始

研究所レポート「ラズベリーパイによるビットコインフルノードの立て方」(23ページ)を配信しました。レポートへ

研究所レポート「仮想通貨交換業者に関する内閣府令(案)の公表について」」(24ページ)を配信しました。レポートへ

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから

Crypto SteelがTrezorのサイトで販売開始されたようだ。

Trezor – Eshop 

CryptoSteelは、耐熱性のステンレススティールでつくられた物理的なデバイスで、ウォレットのリカバリーシードを記録しておく目的でつくられている。

非常んシンプルな作りで、ステンレス製のアルファベットをの文字盤をはめ込んで、リカバリーシードを記録しておく。

多くのひとがリカバリーシードを紙に書いているが、たしかに紙にかいているだけだと、インクが滲んだり消えたり、燃えてしまう可能性もある。

この方法であれば究極に安心できるので、早速1枚購入した。Trezorなどのハードウェアウォレットとの組み合わせで、高いセキュリティが確保できるだろう。

詳しくはこの動画をみてもらえるとわかるが、火事などにあっても燃えず、地中にうめておいても腐らない。究極の耐久性のあるデバイスだということだ。

購入は、Trezorのサイトから。

Trezor– Eshop

なお、シリアスな金額のビットコインの保管と利用には、ハードウェアウォレットの利用をお勧めする。とりわけTrezorはセキュリティ機能に優れており、断然おすすめであり、私も、ほとんどのビットコインをTrezorに保管している。

完璧に安全なビットコイン保管法-TREZOR WALLET

 

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。