カテゴリー別アーカイブ: 解説記事

「予測市場」ビットコインのキラーアプリの可能性

augur

t

ビットコインやサイドチェーン、Ethereumなどの基盤の上に、「分散型予測市場(distributed prediction market)」が今年中に幾つか立ち上がりそうだ。

ビットコインは、まだキラーアプリがないといわれてるが、予測市場は成功すればその候補となり得るだろう。

予測市場とは、一種のギャンブルで、世の中のある未来について人々が予想を行う。

例えば、次の米大統領選挙でどちらが勝つか、次のワールドカップで度の国が勝つか、などを対象にして、ビットコインなどの仮想通貨で掛ける。

いわゆるオンラインブックメーカーに近いが、単なるギャンブルの仕組みではない。

ブックメーカーと違うところは、オッズないところと、分散型で胴元がないところだ。

・オッズがない

ブックメーカーの場合、勝ち負けのオッズは、胴元が提示する。次の大統領選挙でヒラリー・クリントンが勝つと胴元が思っていれば、その比率を提示するのは胴元だ。

予測市場では、このオッズ自体を大衆が予想する。ヒラリーが勝つと思う人が多ければ多く、掛ける人が多ければ多いほど、ヒラリーのオッズは高くなる。

つまり、これは大衆による未来予測だといえる。みんな自分をカネをかけるので、真剣に予想するようになる。

独立して予想する人が十分多ければ、その予測は、専門家の予測よりも精度がよくなるという、Wisdom of Cloudという統計的な証拠も存在している。

みんなの意見は案外正しい(ジェームス・スロウィッキー)

・分散型である

今回の予測市場は、分散型である。つまり、胴元が存在しない。ビットコインのように、中央の管理機関なしに動く予想市場なのだ。

これはどういうことか?賭け事は胴元がつくるのではなく、ユーザーが好きに立ち上げることができる。そして、スマートコントラクトの技術により、掛け金は、ブロックチェーン上でエクスローされ、結果にしたがって、自動的に分配される。

お金を持ち逃げできず、人間が分配するのではなく、プロトコルが自動的に分配する。これ自体がDAO(自立分散組織)である。

予測市場は、過去にもいくつか実験されてきたが、胴元が存在したため、何回も政府による取り潰しにあった。たとえば、テロが起きるかどうかといったことが予測の対象となり、予測が事実を引き起こしてしまうリスクがあることが指摘されている。

今回は、ビットコインのように胴元が存在しないため、シャットダウンにあわないと開発者たちは提唱している。

・分散型で事実を認定する

さて、賭け事が行われたあとに、たとえば大統領がどちらが勝ったかを認定する必要がある。コンピュータの世界の入力としてつかう、現実の世界の事実のことを「オラクル(信託)」と呼ぶ。*データベースの会社とは関係ない

予測市場の最大の発明は、このオラクルを、分散型で行うことだ。

胴元がないのだから、だれか一人が認定するわけにはいかない。分散型で、参加者全員で、どの事実がおこったかを合意に達する必要がある。

詳細は、別の記事で書こうと思うが、簡単にいうと、正しい事実を報告したほうがリワードを得られるというインセンティブの仕組みをつくる。正しい事実を報告すれば、儲かり、嘘を報告すれば損をする。正しい事実を報告する正直者が51%以上いれば機能する。ビットコインのマイニングに似ている。

・応用

予測市場の仕組み自体は、アプリケーションではなく、プロトコルだ。最初の応用は、ギャンブルサイトということになるだろうが、これはもっと汎用的に使える。

たとえばデリバティブはまさにこの予測市場の仕組を金融にしたものである。天候デリバティブや、将来の為替の予測など、それに賭けるひとが十分大きければ、デリバティブとして機能する。

そして、それは、つまり、保険としても機能するということになる。

ズバリ言って、P2Pデリバティブ、P2P保険のプラットフォームであると言ってもいい。

・実装

予測市場プロトコルの実装自体は、いまのところメジャーな2つが進んでいる。

Augurは、Ethereumをベースにした実装で、現在コードが上がっていて、プロトタイプが動いている。

Truth Coinは、Sidechainを使った実装で、開発の状況は把握していないが、予測市場プロトコルの最初の提唱者が行っているプロジェクトである。

ブロックチェーンでアートの所有を確認するAscribe.io

ブロックチェーンの応用に、所有権の移転や確定という概念があるが、それをアートの所有に応用したサービスが誕生した。VCから2百万ドルの調達をしたと報じられている。

ascribe

Ascribe.io

アーティストはAscribeにデジタル・アートの作品を登録し、あたかもビットコインのように、アートを所有したり、所有権を移転させたり、ブロックチェーンで履歴を確認したり、所有者を確認することができる。

登録できるのは、デジタルな作品(画像、映像、その他デジタルメディアであれば)を受け付けている。

ためしに早速私もアーティストとして、作品を登録してみた。

ascribe2

作者、製作年、タイトルを登録し、作品をアップロードすると上記のように登録できる。なおこちらは、私が過去に作った「waterfall」という写真シリーズである(笑)。冗談ではなく真面目なアート作品である。

エディションが指定できるので、今回は、限定10枚とした。

とても賢いソリューションだと感じるのは、これは、デジタル画像の偽造防止システムではないということだ。

登録した画像にコピープロテクトをかけてオリジナリティを保証するという方向性ではない。

そのかわり、Ascribeで出来るのは、「作品証明書」の発行とその移転だ。

「作品証明書」というと一般の人には馴染みがないと思うので、簡単に説明する。

みなさんは、現代美術の映像の作品を美術館などで見たことがあるとおもうが、あれも立派な美術作品で、実際に売買されている。

ただし、デジタル映像となると無限にコピーできる。そういうものに、美術品としての希少価値をもってもらうには、作家が保証して、部数を限定するしかない。

これを「エディション」という。

エディション10なら、10枚のDVDなりをつくって、それに「作品証明書」をそれぞれつける。1~10までの番号入りで、作品が正規品であり、10部限定であることを作者がサインした証書みたいなものである。

デジタル映像はコピーできるが、この証書はコピー出来ない。デジタル映像の作品を売買するときは、この作品証明書に価値がある。この証明書をなくしてしまうと、たとえ映像のDVDが残っていても美術品としての価値はゼロになってしまうという仕組みだ。

この概念で言うと、作品の映像自体は極論をいうと、コピーされてしまっても構わない。証明書の方に価値がある。

Ascribeは、この作品証明書をブロックチェーン上に作成し登録することができ、それぞれのエディションごとに、所有権の移転や、貸出、売買などを行うということができる。

このアプローチは、非常によく考えられていたものだ。デジタルの映像なり画像なりの、それそのものにコピープロテクトをかけて流通を制限するというやり方ではなく、美術業界のフォーマットにのっとって「作品証明書」の方を偽造できないようにするということにしているのは賢い。

ascribe3

これが私が登録した作品の実際の作品証明書である。アートワークのID、作家名、作品名などとともに、限定のエディションナンバーが記入されており(10/10)、デジタル署名がなされている。

この署名は、ブロックチェーンと紐付いていて、誰もが検証することができるようだ。

作品証明書は、指定したアドレス宛への「移転」のほか、期間をしていした「貸出」もできる機能がある。

ビジネスとしてアートの市場は狭いので、これがうまくいくかは未知数だが、所有権証書の管理プラットフォームという視点でみれば、アートを最初の実装として取り上げたのは上手だ。今後、さまざまなことに応用していくのかもしれない。

なお、先ほどの作品は限定10枚で登録したので、万が一購入希望者がいたらビットコインで販売する。

完璧に安全なビットコイン保管法-Trezor Wallet

trezor

ハードウェアWalletのTrezorを購入してテストしてみたので、そのレポートである。

結論からいうと、現在、このウォレット以上に安全で、利便性の高いものはない。小遣い以上のビットコインを持っているひとは、すべからく購入するのがよいと思う。

多くの人がビットコインを、blockchain.infoのウォレットに入れていると思う。これは極めて、危険だ。秘密鍵をblockchain.infoが管理しているから、blockchain.infoがハックされたらあなたのコインも盗まれてしまう。しかも、保険などもなく、盗まれたら帰ってこないだろう。ビットコイナーの中には、Mt.Gox事件の教訓から学ばず、今でも、取引所にそのままおいている人もいる。極めて危険だ。

かといって、PCのウォレットも安全ではない。PCはウイルスまみれであるし、どのようなソフトウェアが走っているかわからない。秘密鍵のファイルを悪意あるソフトウェアから守る手段がない。

モバイルのウォレットのほとんども危険だ。秘密鍵をストアしているメモリの領域に他のアプリケーションがアクセス出来てしまう。秘密鍵スキャンして探し、他人に送信するウイルスが入りこんでいたら、ひとたまりもない。

現時点で、唯一確実に安全なのは、ペーパーウォレットだ。ただし、ペーパーウォレットは、それを作るときに、ネットに接続されたウイルスまみれのPCをつかっては意味が無い。クリーンなPCとOSを用意するひつようがあり、めんどうだ。それに、一旦ペーパーウォレットに入金すると、使おうと思うとめんどくさい。一部だけを使うということが柔軟にできない。

その欠点をクリアしたのが、Trezor のハードウェアウォレットだ。秘密鍵を完全に安全に守りながら、普通のウォレットのように入出金が簡単にできる。

Trezorの特徴は、秘密鍵を特殊なチップに内蔵していることだ。(耐タンパー性がある)

この特殊なチップは秘密鍵を保管し、またそれをつかって電子署名するということに特化している。それしかできない専用チップで、ハードウェアなので、ウイルスからも安全だ。

ビットコインの送金をするとき、そのトランザクションの署名は、このチップ内で行う。署名をリクエストしたときに、このチップが署名し、署名の結果だけを返す。わかると思うが、その署名から、秘密鍵を逆算はできないから、秘密鍵が外にもれることはない。

チップは、署名するか否かという以外の命令を受け付けないので、接続したPCにウイルスがあっても、、秘密鍵を盗むということはできない。あくまで、Trezorに接続したPCができることは、チップに「署名しろ」という命令をだすことと、署名した結果を受け取ることだ。

また、もし、PCが勝手に署名の命令を出しても、Trezor側の確認ボタンを押さないと、署名されないので、さらに安全である。

こうした仕組みにより、PCと接続して使うにもかかわらず、秘密鍵が漏洩する可能性がない。

では、Trezorのチップ自体がこわれたり、紛失してしまったらどうなるか?ビットコインを失うのだろうか?

TrezorはBIP32の階層性ウォレットをつかっている。全てのアドレスが、、24ワードのリカバリーパスフレーズをメモっておきさえすれば再現できる。ハードをなくしても、この24ワードのパスフレーズさえあれば、別のTrezorを買ってきて、そこに再インストールできるし、もしくは、ElectrumやMyceriumなどの、BIP32をサポートしているウォレットがあれば、そこに24ワードを入力することでも、ビットコインを取り出せる。

Trezorで感心したのは、パスフレーズを再入力するときの方法だ。パスフレーズはすなわち秘密鍵そのものなので、結局この部分が弱いと、ほかのセキュリティが高くても意味が無い。

単に、PCから、そのままパスフレーズを入力してしまうと、PCにキーロガーなどが入っていた場合には、容易に盗まれてしまうことになる。

Trezorではそれを防止するため、24ワードの順番をTrezor側が指定する。たとえば、キーの12番めをいれろ、次は9番目をいれろといった具合に、順番をランダムに指定する。

こうすることで、24ワードが全部キーロガーでぬすまれても、盗んだ人は、その順番を推測する必要がある。

さらに、Trezorではダミーのワードを間に挟む。本来のパスフレーズにの単語ではないものも、てきとうなタイミングで入力する必要がある。

だから、すべてがキーロガーでぬすまれたとしても、正しいパスフレーズを再現するためには、ダミーもふくめて、36ワードのなかから、24ワードを選択し、それを正しい順番で並べる必要がある。

この組み合わせは膨大であり、たとえ世界中のビットコインマイナーのハッシュパワーをつかっても100年以上は掛かるという。

Trezorで一番気に入った部分は、このパスフレーズの回復の部分のセキュアさである。この仕組は、非常に信頼性がある。

他にも、ウォレット内で、アカウントが複数作れたり、HDウォレットなので、当然アドレスを使いまわすことなく、取引ごとに新しいアドレスを生成して、取引するため、安全かつ、プライバシーも保たれる。

セキュリティ、使い勝手、そうほうで満足のいくプロダクトだ。

参考までに、わたしの場合の使いわけを書いておく。本当に使わないビットコインは特殊なペーパーウォレットで保管している。これは5年間は動かさないつもりのコインだ。

Trezorは、準コールドウォレットで、それなりの量を保管するが、うけとったり、使ったりすることがある時につかう。

現在、CryptoSteel というバックアップデバイスが出現したので、ペーパーウォレットは廃止し、ビットコインの管理はTrezorに一本化した。

日常的なものは、モバイルウォレットにTrezorから移して使う。モバイルウォレットには、紛失しても構わないように、1btc以下のお金だけを入れるようにしている。

購入はこちらのサイトからビットコインですぐ出来る。Fedexなどで1週間もあれば届く。

Trezor – The bitcon Safe

なお、国内でもコインギフトで販売している。日本円ほか、ビットコインなどで購入でき、送料は無料だ。コインギフトで買うと、詳細な日本語マニュアルが付属するのが魅力である。

コインギフト-Trezor 

口座開設不要のコイン即時購入サイト、ShapeShift.io

sh1

ShapeShift.ioは、口座開設不要で、即時にコインが購入できるシンプルなサービスだ。

例えば、ビットコインで、ライトコインや、ネームコイン、ビットシェアーズを買おうと考えたとする。

いままでは、取引所に口座を開設し、取引所の口座にビットコインをおくって、そこでトレードし、買ったコインを引き出すという手順を踏んでいたかとおもう。

私も何度もやっているが、はっきり言ってめんどくさい。特に、アルトコインや、クリプトアセットの場合、それぞれ扱っている取引所が分散されていて、

ネームコインなら、btc-e
カウンターパーティーならMelotic
ビットシェアーズならBitsharesのexchange
GEMZなら、Poloniex

それぞれ扱いがちがうから、4つも5つも10個も取引所に口座を開設してやりとりしないと行けない。頭がウニのようになりそうであった。

株で例えると、東証、NASDAQ、NY、上海、ホーチミン、マニラ、ロンドン、それぞれに上場している株を買い集めようとすると、証券会社の口座を作るのを考えただけで気が滅入るのと一緒である。

ShapeShiftは、こういう問題を超シンプルにする。

ShapeShiftは、口座の開設など不要で、数十種類もの暗号通貨やアセットを即時に購入・交換可能なサービスだ。

使い方も直感的で、単に、どれからどれに交換したいかを選んで、レートを確認し、交換後に受け取るアドレスを指定する。あとは、指定のアドレスに、交換したいだけのコインを送金するだけでOK

BTCでXXを買うといったもの(その反対)だけではなく、BitSharesでCounterpartyを買うとか、MeneroでSwarmを買うとか、そういうアクロバティックなことも一発でできる。

sh3

試しに、友人がBTCで、Gemzを購入してみたところ、230秒ほどでGemzの口座に入金があったとのことだ。

sh2

 

現在取り扱いのコインやアセットは上記の通り。かなりマイナーなものまで取り扱っている。

本日ちょうど、当初はアルトコイン中心だったが、本日Gemz、StorjX、SWARM、Mastercoinなどのアセットが追加されて、より便利になった。

Shapeshift.ioだが、APIを提供しており、自動での購入も可能だ。

アプリやウェブサービスのバックエンド向けに、非常にシンプルな問題解決策を提示しているところが、実は素晴らしい。

たとえば、コインギフト(暗号通貨によるECプラットフォーム)は、ShapeShiftを使い、受け取った通貨の即時両替をおこなっている。これにより、BTC以外の通貨での買い物に対応している。現在は数種類の通貨での受付だが、理論的にはすぐにでも32種類のコイン・アセットでの買い物が実現出来るというわけだ。

ほかにも、GetGemzのアプリ内部で、即時にBTCとの交換ができる機能を提供するといったことにも、すぐ応用が可能かと思う。

暗号通貨の利用者だけではなく、開発者も注目してほしいと思うサービスだ。

 ShapeShift.io

「ビットコインで、遥か世界のかなたの人に寄付をする」-ビットコインを使った未来を感じる体験レクチャーその1

先日書いたこちらの記事、「無料のビットコインをもらって、未来を感じる3つのレクチャーを受けよう」。1週間たったので、本日から3回にわけて、ビットコインの未来を感じる使い道について、レクチャーしよう。

ビットコインの使い道として、いちばんおもしろいのは寄付や投げ銭だろう。 続きを読む 「ビットコインで、遥か世界のかなたの人に寄付をする」-ビットコインを使った未来を感じる体験レクチャーその1

「ビットコインで、未来のgoogleに投資する」-ビットコインを使った未来を感じる体験レクチャーその2

先日書いたこちらの記事、「無料のビットコインをもらって、未来を感じる3つのレクチャーを受けよう」。1週間たったので、本日から3回にわけて、ビットコインの未来を感じる使い道について、レクチャーしよう。 続きを読む 「ビットコインで、未来のgoogleに投資する」-ビットコインを使った未来を感じる体験レクチャーその2