ビットコイン2013年と2015年、そして2018年の世間の反応

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインの概要と見通しを解説(詳しく)

ここ2年間。世間の反応はいろいろかわった。

端的に書いておこう。

1. ビットコインについて話した時

2013年

怪しいよお前。話題変えようよ。

2015年

ビットコインはすごいテクノロジーだと思う。ただ、どうしても現時点で、すごいからといって突っ込むことはできないジレンマがある。

2. 財政破綻について話した時

2013年

日本円は、日本人が買っているから大丈夫だよ。

2015年

どういう方法がいいですか?私もドルに変えたほうがいいですか?

3. 財政破綻対策として、ビットコインを買えと薦めたとき

2013年

なんですかそれ?

2015年

ビットコインはわかったけど、ビットコイン以外でなにかないですか?

ついでに、これから約2年半後、2018年について書いておきましょう。半減期を迎え、2年半の間にいろいろな進展があるでしょう。

1. ビットコインについて話した時

2018年

どうやったら当社もビットコインの最先端の技術などに関われるでしょうか?助けてください

2. 財政破綻について話した時

2018年

オリンピックまでは大丈夫だとおもうけど、すこしはビットコインとかでも買ったほうがいいですか?

3. 財政破綻対策として、ビットコインを買えと薦めたとき

2018年

ほんとそう思いますけど、去年10倍になったじゃないですか。いまから買うのは怖くて・・・。

・おしらせ
ビットコイン研究所の有料版サロンでは、平易な言葉で最近の技術や業界事情などについて解説するレポートを毎週配信しています。

暗号通貨について、もっと知りたい、勉強をしたいというかたに情報を提供しています。サロン内では疑問点も質問できます。

一度登録いただけると100本以上の過去レポートが読み放題で、大変お得です。レポート一覧がこちらのページありますので、よろしければいちど目をとおしてみてください。
(詳細情報)

Ledger Nano S - The secure hardware wallet