その秘密鍵、本当に安全ですか?ーあるサイコロの話

P_20190126_113432_vHDR_On_HP

暗号通貨の秘密鍵の安全性を守るには、唯一無二に真の乱数が必要です。

コンピュータの乱数は、擬似乱数といわれて真の乱数ではありません。長い周期をとると繰り返しがみられてしまうほか、初期値(シード)の与え方がわるいと同じような数列が出てしまうことが有ります。コンピュータのランダム関数をそのまま秘密鍵の生成に使うのは暗号の安全性の基準からはよろしくありません。

多くは、コンピュータ内部の情報だけでなく、マウスの動きや、機器の電子ノイズなどの信号を取り入れて、ランダムネスを向上させています。

さて、今回手に入れたのは、プレシジョンダイスといわれるサイコロです。 続きを読む その秘密鍵、本当に安全ですか?ーあるサイコロの話

暗号通貨のこれからの10年についてー3つのエピソードから

2019年の始まりにあたって少し思っていることをつらつらと書いておこうと思う。

3つの短いエピソードから始めたい。

1年ほどまえに、ある著名ベンチャーの役員と食事をしたことがある。古くからの知り合いだったからだ。もちろん話題は暗号通貨になるのだが、どうしても暗号通貨がピンとこず、腑に落ちないというのだ。

私はすこし考えた挙句、価値の保存とか、政府にとらわれない資産だとか、そういうことも喋ったのだけれども、自分自身としてすごくピンときた説明をした記憶がある。 続きを読む 暗号通貨のこれからの10年についてー3つのエピソードから

2019年暗号通貨の相場と業界予測

年始にあたり、毎年恒例の今年(2019年)の業界予想(と昨年の答え合わせ)を行ってみたいとおもいます。

まずは簡単に昨年の振り返りを。的中した予想、外れた予想を検証します昨年に私がおこなった予想はこちらの記事を参照してください。また予想はブログ記事以外にサロン内で書いたものも含めます)

ほぼ的中した予想

  • ASIC供給の新規参入、分散化(Bitmain以外の2−3社のASICメーカーが現れ、Bitmainのシェアが50%を割る)
  • ICOはゴミ案件ばかりに。ICO自体が見向きもされなくなる
  • 年内のSegwitトランザクションの比率が50%を超える
  • BTCは平和で内紛は起こらず、内紛は完全解決する
  • ライトニングのメインネットがローンチし、いくつかのサービスが立ち上がるものの一般への浸透はまだ
  • サイドチェーンが一部ローンチする(Liquid)
  • BCHは、多機能化する方向を目指す(BCH-ABC)
  • PBFT型POS、インターチェーンまわりで複数の新プロジェクトが企画される

続きを読む 2019年暗号通貨の相場と業界予測