ビットコインアドレスで遊ぶ方法-任意の文字列をアドレスに埋め込もう

レポート「アルトコイン図鑑」では30種類以上のコインを解説ビットコイン研究所

レポート「ビットコインの情報源決定版(26ページ)」を配信しました。レポート内容へ

初心者向け「使って勉強!ビットコイン」DMMオンラインサロン

今週のビットコイン&ブロックチェーン研究所では、ビットコインアドレスで遊ぶ方法を取り上げました。(13ページレポート)

ビットコインのアドレスを載せて、お金送ってね、というとき、ちょっと気の利いたアドレスを載せたくなりますよね。

たとえば、こんな感じのNinjaアドレス。

1NiNja1bUmhSoTXozBRBEtR8LeF9TGbZBN

実際に寄付アドレスとして使われてます。(ここ

他にも、実は任意の文字列を使ったアドレスを作ることも可能なんです。

試しに作ってみたアドレスが、サトシ=クレイグアドレス。

Nakamoto Satoshi Craig Wright を入れ込んで作ったアドレスです。

ズバリ、

1NakamotoSatoshiCraigWright8RwLKB

でございます。

クリックしていただけると、ちゃんとブロックチェーンに存在し、コインも送ることができることがわかります。

こういうアドレスの作り方をレクチャーしたのが今回のレポート。これを読んで、いろいろアドレスで遊んでみてくださいね。

<目次>

1 アドレスを作る前に 仕組のおさらい

2 アドレスを埋め込む方法(ランダムに作る)

3 Vanitygen

4 詐欺に注意

5 アドレスに任意の文字列を埋め込む方法

6 ナカモト=クレイグ アドレスの秘密

7 アドレスをつかったメッセージ

お読みになりたい方は、ビットコイン&ブロックチェーン研究所に登録ください。一度登録されますと、過去のすべてのレポートもご覧いただけます。

登録はこちら。

 

Donate with IndieSquare

このブログでは読者の皆さんとのつながりを作る実験としてトークンを配布しています。
※記事が役に立った場合は、寄付ボタンをクリックして、ぜひ寄付をお願いします。寄付額相当のDOUBLEHASHコイン(詳細説明)を送付いたします。
コインを受け取るには、IndieSquare Walletからお送りください。

詳細日本語マニュアル付きTrezorの購入はコインギフトから